有村架純が現役力士の“求愛記事”に大激怒した“本当の理由”とは?「力士NGがあった」「プライド傷つける行為」

拡大画像を見る

「よほど気に入らなかったのだろう」。そう語るのは芸能プロ関係者だ。女優の有村架純が一部女性誌の記事をめぐり「法的措置」をチラつかせて激怒した。7月27日発売の「女性自身」(光文社)が「有村架純 新小結・明生と『かわいがり愛』」と題し、大相撲・小結の明生との“交流”を報じた。記事によれば、明生が「夢に出てくる」ほど有村の大ファンで、師匠の立浪親方(元小結旭豊)と有村の事務所関係者との付き合いから、2人は連絡を取り合う仲になったという。

 明生は同誌に「まだお会いしたことはないですよ」としつつも、「女優さんの中ではいちばんキレイだと思います」「ずっとファンですから、会えるなら会ってみたい。自分にとっては雲の上の存在」と回答。ついには「ホントに好きな方ですし、すごい方だなと思ってます。結婚? そうなったら、ホントにすごいことじゃないですか(笑)。ずっと好きでしたから」と“妄想”を爆発させた。

 これに激怒したのが、有村と所属事務所だった。公式サイトで「全くの事実無根であり、法的措置を取る予定」「相撲界の方とは全く面識はなく、連絡を取ったことも、コメントをしたこともございません」と記事内容を完全否定。続けて「このような事実無根の記事で、有村架純の行動や気持ちが虚偽に伝えられてしまうことに対し、所属事務所としましては強く抗議いたします」とし、有村のスタッフ公式ツイッターも同様の抗議文を掲載した。

 不倫や金銭トラブルといったスキャンダルならともかく、いち力士の“求愛告白”にここまで強硬に反応するのは異例。一体何が気に食わなかったのか?

「会ったこともない力士から『夢に出てくる』『結婚できたらホントにすごい』と一方的に求愛されるわけですからね、恐怖を感じた部分はあるかもしれません。大ごとになる前にクギを刺したのでしょう」(ワイドショー関係者)

 加えて有村が拒絶したのは、記事が一人歩きして、明生と親密な間柄と誤解されることだった。冒頭のスポーツ紙記者は「有村さん自身も体型にコンプレックスがあり、力士と並べられることがどうしても許せなかったと言います。明生というより、力士がNG。プライドをズタボロに傷つけられた」と明かす。

 有村は2016~17年のNHK紅白歌合戦で紅組司会を務めたこともある国民的女優。まだまだ無名の明生とは“格”が違うことは否めない。

「有村さんはストイックな性格で、世間に自分がどう見られているかを気にしている。以前、某週刊誌に“丸顔”と揶揄された時は本気で落ち込んだそうです。事務所もそうした性格を把握しているので、宣材写真やインタビューカットにはとにかくうるさいことで有名」(出版関係者)

 美と体型にこだわりがある有村だけに、職業柄“肉付きの良い”力士と並べられることは不本意以外の何物でもない。女性誌的に「これくらいなら笑って済ましてくれるのでは?」と思っても、完全な地雷だったようだ。

  • 8/1 8:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます