小倉智昭、コロナ禍&炎天下の東京五輪「74歳、ノーマスク現地取材」にフジ局内は「深いため息」!

拡大画像を見る

 コロナ禍での開催、開会式直前になっての担当者辞退など、開幕前には多くの物議を醸した東京五輪。開幕後もさまざまな議論があるが、柔道、卓球、スケートボード、サーフィン、ソフトボール、そして男子サッカーの躍進など、日本勢の大活躍、連日のメダルラッシュに列島が熱狂している。

「小倉智昭さん(74)も日本人選手の活躍に興奮しっぱなしでしょうね。東京五輪でキャスターを務めることが小倉さんにとっての悲願でしたからね」(制作会社関係者)

 小倉は2000年のシドニーオリンピックからすべての夏季オリンピックを現地で取材。今回の東京五輪でもフジテレビの「東京五輪 情報スペシャルキャスター」に就任し、大会期間中、『めざましテレビ』『めざまし8』『ノンストップ!』『バイキングMORE』『Mr.サンデー』ほか、垣根を越えて同局の番組に出演している。

 7月13日の『めざまし8』に出演した小倉は「情報番組って朝から午後帯まで長いじゃないですか。その時間帯の競技が見られるかどうかってまず心配があって」とし「無観客になりましたから、いつものように金メダルは全部見るつもりでいるんですね。ただ、会場は点々としていますから難しいかなって」と、意気込みを語った。

 また、7月21日の『めざましテレビ』に生出演した際には、全競技に先駆けて、ソフトボールの「日本vsオーストラリア」戦が行われた福島県営あづま球場前からリポート。

 午前7時15分の時点で「とにかく暑いのよ。昨日も公開練習で37~38度、炎天下、40度ぐらいになってるんじゃないかなと思います。日本の選手もまもなく到着すると思います」と伝えた。

 その後、スタジオの井上清華アナウンサー(26)から「選手たちはもう会場入りしましたか?」と呼びかけられると「さっきまで(選手が乗った)バスが到着するあたりにいたんですが、“すみません、ここから離れてください”って言われまして、まったくわかりません」と苦笑し、「ごめんなさい」と謝罪した。

 そして「とにかく警備は厳しいです。選手との接触は避けるように。しかも、我々はタクシーで来たものですから、下り場からこの撮影地点まで遠いこと、遠いこと」と思わずボヤき気味に。続けて「暑さの中で取材も大変だと思いますよ。各局横並びでやってますから」と話した。

 最後には「今までとだいぶコンディション違うからね。もうヘロヘロになってますから。大丈夫、頑張る!」と自分自身にも気合いを入れるように語った。

■「なんで高齢者がノーマスクで福島まで取材に行ってるの?」

 マスクなしで中継することもある小倉に対して、「なんで高齢者がノーマスクで福島まで取材に行ってるの? マスクするとかせめてルール守れよな」「偉そうにノーマスクで何様のつもり? 海外メディアはマスク着用なのに、日本のワイドショーの連中だけ特別なのか」「マスクしないままレポーターして大丈夫? マスクしないままの取材やめて!」「何しに来たんだこの人は。オリンピック期間中は暑いの誰でもわかってるんだから愚痴ばっか言わないでリポートしてくれよ。そうじゃなくても東京から来る人にはあまりいい気分がしないのだから」といった厳しい声が多数上がっている。

「さすがにマスクを外しているのは中継の際だけだとは思われますが……。

 ただ、小倉さんにとって東京五輪をリポートすることは“悲願”。仕事人生の集大成と言えるものだったんです。しかし、新型コロナウイルスで2020年の開催は延期に。そして、今年3月には『とくダネ!』(フジテレビ系)も終了してしまいました。

 それでもスペシャルキャスターに就任することができ、小倉さんはフジテレビのパスを持ってさまざまな現場で、ガンガン取材しているようです」(前出の制作会社関係者)

 しかし、視聴者からは「メインMCは譲ったけど五輪キャスターは譲らないんだな」「まだフジは小倉使ってるんだ。昔の名前で出ています的な感じでしょうか」といった意見も寄せられている。

「一部視聴者から厳しい意見が上がっていますが、フジテレビ局内にも“小倉さん、いったい何なんですかね”、“小倉さんの思い出作りにつき合わされている……”といった声も上がっているといいます。それでも、これまで局に大貢献してくれたということで、フジテレビとしても“しがらみ”を切ることはできず、スペシャルキャスター就任という形に落ち着いたのでしょう。

 しかし、局内からは呆れやあきらめムードで、深いため息も出ている。小倉さんの中継で、新たな視聴者が獲得できることはないでしょうからね。フジテレビサイドも“渋々取材パスを渡した”という感じなのかもしれませんね……」(前同)

 74歳の小倉にとっての集大成となる東京五輪。周囲の冷ややかな視線を感じつつも、その仕事を全うするつもりなのだろう。コロナ禍、そして炎天下の中の取材、くれぐれも体調には気をつけてほしい。

関連リンク

  • 8/2 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • いち(

    8/2 18:25

    暑い時はマスクしない方か良いですよ。コロナは一人でも多くの命を救う為と言ってる一方で熱中症は見殺しですからね。この暑い中マスクはしない方がいい。

記事の無断転載を禁じます