あの大食い“魔女”がかわいそう!?19年の女王戦が「なかったことに」と物議

拡大画像を見る

 7月23日、約2年ぶりに「最強大食い女王決定戦」(テレビ東京系)が放送され、大食いファンの注目を集めている。この日は東京五輪の開幕式も開かれたが、女王戦はそれに負けない盛り上がりで美女たちが熱い戦いを繰り広げた。だが、今回番組が示したある見解について、一部のファンから疑問の声が上がっている。

 それは「現女王」についての解釈。今回、アンジェラ佐藤が「現女王」として紹介されたが、本当の現女王は“魔女”こと菅原初代ではないかというのである。

 この大食い王決定戦はほぼ毎年行われていて、今年は「女王戦」が開かれた。20年は女性の新人戦と、男女混合戦が行われている。そして19年は女王戦が開かれ、菅原が女王に輝いている。となれば19年の女王である彼女が「現女王」になるのが当然。

「テレ東の大食いは17年10月の放送の後、番組スタッフのトラブルが噂されました。その後、スタッフが一新されて18年9月に復活したんです。ところが番組は迷走。19年は異常なシステムが採用され、『これでは女王とは言えない』との声が上がりました」(テレビ誌ライター)

 19年のシステムは予選を勝ち抜いた1人が、大食い四天王の中から相手を選んで決勝戦を戦い、勝ったほうが女王になるというもの。予選を勝ち抜いたのは“はらぺこツインズ”こと小野あこで、相手に選んだのは菅原。勝ったのは菅原だった。本来であればその菅原が現女王となるのが当然だが、今回の番組は18年の女王戦で勝ったアンジェラ佐藤を現女王としたのである。つまり19年の大会はなかったことにされてしまったのではないかというわけだ。

「19年のシステムがあまりに不評だったのでそういう措置を取ったのでしょう。なにしろ女王の菅原さん自身がブログでシステムに疑問をぶつけ、『女王とは思ってませんよ』と語っているぐらいです。こういうことが2度と起きないよう、しっかり考えてシステムを作ってほしいですね」(前出・テレビ誌ライター)

 今回、すっきりとした形で菅原が女王となった。今後の戦いが楽しみだ。

関連リンク

  • 8/1 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • リーチャ

    8/3 12:49

    この菅原って人はとにかく食べ方が汚い! 昔スッキリという番組でステーキの早食い対決をしてたんだけど、コーンが全てテーブルにこぼれてた! 本当に汚なかった! せっかく作ってくれた人、生産者、命を差し出した牛… 全てに対するリスペクトが無さすぎ! 結果は菅原の勝ちだけど、例え負けても 綺麗に食べてた挑戦者の方が良かった!

  • 菅原さんは真のフードファイターだと思う。本当に戦っているのを見ている人に感じさせる熱さが有る。只のパフォーマンスではないのだ。

記事の無断転載を禁じます