AKB48大家志津香、ファンを騒然とさせた握手会の「チンポジ」確認習慣

拡大画像を見る

 AKB48の現役メンバーである大家志津香が、7月21日放送の「チャンスの時間」(ABEMA) に出演。握手会での変わった行動を明かし、ファンを騒然とさせたようだ。

 この日は人気企画「女性の本音ラブソング!」の第7弾が放送。出演する女性タレントが歌詞を自作し、男性の知らない女性のリアルな本音を、与えられた短い曲に乗せて歌うという内容だ。

 トップバッターで「ラブ・イマジネーション」という曲を歌った大家。その歌詞で“卒業してタレントと付き合って生放送で私への合図ほしい。でも見て魅力を感じるのは、イケメンよりハゲたオジサン”と本音を告白し、スタジオでは驚きの声が上がった。

 さらに大家は2曲目として「私の神対応」という曲も披露。「握手会の時に、ファンの方を笑顔にするために隠れてやっていること」がテーマで、内容は“疲れてるとき握手会でついつい笑顔を忘れちゃう。自然に笑顔になるため、次の人のチンポジ予想して笑う”だった。

 現役アイドルの口から“チンポジ”というワードが飛び出し、「これはすごい!」とMC の千鳥・ノブは拍手。相方の大悟も「現役AKB48が!?」と驚きの表情で、「これOKで恋愛禁止かいな?」と心配した。

 大家は、次に来る人の“チンポジ”がどっちなのかを予想し、当たったら笑顔になるそうで、大吾は「あなた次の握手会、大丈夫か? みんなスパッツ穿いてくる」と笑っていたが、次の握手会で大家の列に並ぶファンはさぞかしやりにくいだろう。

(鈴木十朗)

関連リンク

  • 7/30 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • しーちゃんファンはそんな少数方がいるよ!みんなげんか生きているか!大声で言っていたよ、握手会会場で

記事の無断転載を禁じます