波瑠、”コロナ感染”田中圭「深夜の20人会合」の大トバッチリ!!伊藤健太郎「ひき逃げ事件」も…不可避被害3連発!

拡大画像を見る

 7月10日に37歳の誕生日を迎えた俳優の田中圭。誕生日当日は田中の住む東京都ではまん延防止等重点措置が敷かれていたが、同月29日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が、この日、約20人が田中の仕事部屋に集まって誕生日パーティーを開いていたと報じた。

「パーティーにはドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で田中と共演した眞島秀和(44)や、同じ事務所の鈴之助(37)らが出席していたそうです。パーティーは夜9時半から始まり、夜中まで行われ、男女がノーマスクで顔を寄せ合って写真を撮ることもあったといいます」(女性誌記者)

 田中は7月20日に新型コロナウイルスへの感染を公表したものの、田中は別経路で感染したと、パーティーの参加者が証言しているという。

「田中は、昨年7月発売の『女性セブン』(小学館)で、当時放送されていた『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)の撮影現場で、石原さとみ(34)に“集中してくださいよ”と言われていたと報じられました。田中は、このとき二日酔いで現場入りすることもあったといい、田中のゆるさを石原がたしなめたとのことです。

 その直後の2020年8月3日には、田中が酒に酔ってタクシーの料金を支払えなくなり、警察に保護されていたと同年9月の『NHKニュース』が報じたこともありました。プライベートでの脇の甘さを感じさせる田中ですが、今回のパーティーもそれを証明することと言われても仕方にでしょうね」(前同)

■医師役で出演のドラマに「医療ドラマに出ててこれじゃね」

 そんな田中は現在、波瑠(30)主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)で、医師の成瀬暁人を演じている。

 医師役を務めているにもかかわらず、コロナ禍での、20人もの集団での誕生日パーティーが報じられた田中に対しては、「ナイトドクターも見る目が変わるな」「ナイトドクターがナイトパーティしちゃってほんと何やってんだかだな」「田中圭、もう一生、医療ドラマは出来ないよ。ナイトドクター、毎回楽しみにしてたのにな」「医療ドラマに出ててこれじゃね。ドラマのメッセージ性は伝わらないかも」といった厳しい声がネットに寄せられている。

「医師役を演じているにもかかわらず、感染リスクが生じる行動をしてしまったのですから、役の説得力が落ちてしまいますし、興醒めして視聴者が離れてしまう可能性もあるでしょうね。そして、その際ではないとはいえ、また、今や止むを得ないこととはいえ、実際にコロナに感染してしまっているわけですからね……。

 今回の田中の集団誕生日パーティーの件は、特に主演の波瑠にしてみればトバッチリもいいところ。たまったものじゃないのではないでしょうか」(前出の女性誌記者)

■伊藤健太郎の事件被害に加え、ハマり役過ぎて猛批判も!!

“月9”初主演作でまさかのダメージを食らった波瑠だが、今作『ナイト・ドクター』でトバッチリを受けたのは今回が初めてではないという。

「実は、キャスティングの段階で伊藤健太郎さん(24)も『ナイト・ドクター』に出演予定だったんです。

 伊藤さんは波瑠さんに次ぐ2番手での出演を予定されていたそうですが、2020年10月に自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで警視庁に逮捕されてしまいました。今年3月に不起訴処分が下りましたが、さすがに出演はキャンセル。伊藤さんが降板したことで、放送前から『ナイト・ドクター』にはケチがついてしまっていたんです」(制作会社関係者)

 波瑠は、『ナイト・ドクター』以前にも、本人に全く非がないにもかかわらずトラブルに巻きこまれたことがあった。それは2017年4月期に放送された主演ドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)でのこと。

「波瑠さんはこの作品で、既婚者ながら初恋の人との不倫に溺れてしまう渡辺美都を好演しました。波瑠さんの演技のリアルさも作品の見どころだったのですが、“波瑠は許せないし、女の敵”“波瑠のこと嫌いになりそう”など、なぜか波瑠さんに対する批判の声がネットに多数寄せられる事態になってしまったんです」(ワイドショー関係者)

■本人がブログで「私は美都には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない」と弁明

 波瑠の演技力が高すぎるが故に、猛批判が集まるというとんでもないトバッチリ。

 批判の声は本人にも届いたようで、2017年5月、波瑠は自身のブログで「私は美都には共感できないけど、毎日やらなきゃ仕方ない。面白いと言ってくださる方も、不倫劇を見ていて気分が悪くなる方もいらっしゃると思いますが、私達はただこのドラマを観てくださったことに感謝するだけです」「こういう内容の作品ですからね。しょうもないとか馬鹿とか最低とか言われても、観て感想を抱いてもらうっていうことで私は報われるような気持ちです」とコメントした。

「批判の声が殺到してしまうほど視聴者をヒートアップさせたのですから、役者としては100点満点の仕事だったでしょう。ただ、批判の矛先が役ではなくて自分にも向けられていたので、さすがに波瑠さんも黙っていられなかったのかもしれませんね」(前出のワイドショー関係者)

 度重なるトバッチリに、波瑠も「勘弁して」と思っているかも?

関連リンク

  • 7/30 8:02
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 暴れ者師匠

    7/30 12:04

    以前有りましたね…。ラストシンデレラの時の、菜々緒さんも…。 ドラマとは言え、三浦春馬さんのファンからクレームが、有りましたからね…。(本当に。)

記事の無断転載を禁じます