卓球・四元奈生美、五輪で再注目の最中に放った“熟フェロモン”が大反響!

拡大画像を見る

 プロ卓球選手の四元奈生美が、7月27日放送の情報番組「ひるおび!」(TBS系)に出演。“熟ボディ”をお茶の間に披露し、話題になっている。

 四元は現在42歳。卓球の地味なイメージを変えたいと、カラフルなユニフォームを着用して試合に出場し、“卓球界のジャンヌ・ダルク”と呼ばれているが、26日に卓球混合ダブルスで水谷隼・伊藤美誠ペアが中国に勝利し金メダルに輝いたことを受け、コメンテーターとして出演。最近、卓球界で主流となっている打法のひとつ“チキータ”をみずからラケットを持って実践してみせた。しかし、そのアクションの途中、大きく開いたノースリーブの袖口から肌着が見えてしまい、男性視聴者の視線を釘付けにした。

 ネット上では〈四元さん、いい感じに熟れてきたね。フェロモンがムンムンじゃん〉〈まさかチキータで肌着見えとか最高かよ! ありがとう四元さん〉〈若いときよりも今の方が全然かわいいな〉〈もともとかなり細身だったから、ぽっちゃりしてて少しビックリした。でも、前よりもバストが確実に大きくなってるよね〉などと大反響を呼んだ。

 卓球界の美人選手として大人気だった四元だが、ここ最近は自身が手がける卓球ウェアのプロデュースなどで多忙なこともあってか、ファンの前に顔を出す機会も減少していた。東京五輪での日本人選手の活躍を機に、どんどん表舞台に出てきてほしいものだ。

(ケン高田)

関連リンク

  • 7/30 5:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます