東京五輪「手のひら返しヤバイ!」戸惑う声も出る関連グッズ爆売れ事態

拡大画像を見る

 連日のメダルラッシュで、7月29日朝現在、金メダル獲得数が13個と中国を上回り1位となっている日本。その勢いを受け東京五輪の公式グッズを販売する「東京2020オフィシャルショップ」には客が殺到してグッズが爆売れてしているという。

「新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下での開催、しかも開会式に参加予定だった小山田圭吾や小林賢太郎らが過去の不適切発言などが原因で相次いで辞任・解任されるなどトラブルが相次いだことで、しらけムードが漂っていた東京五輪。そんななか、各オフィシャルショップも来客が少なかったようですが、24日に柔道の高藤直寿選手が第1号となる金メダルを獲得すると急速に客足は増え始め、千代田区の丸の内店では1日に1000人以上が来店、レジ待ちの列は途絶えることなく、在庫切れしてしまった商品も少なくないといいます」(社会部記者)

 爆売れしているのは五輪公式グッズだけではない。スケートボード男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗選手が競技中に着用していたナイキのユニフォームは注文が殺到。一部サイズが完売状態となっており、卓球混合ダブルスでこちらも金メダルを獲得した水谷隼選手をパッケージに起用したレトルトカレー「水谷隼カレー」も通販サイトで品切れ状態になるなど、関連商品も絶好調なのだ。

 これにネット上では《開会式前までは大会に批判的な意見ばっかりだったのに、日本選手が活躍した途端グッズ買いにいくとか手のひら返しがスゴすぎる》《いくら批判しても買いに行くのが日本人。オリンピック始まる前は誰も見向きもしなかったのにほんと不思議》など、戸惑う指摘も少なくない。

「フランスのマーケティングリサーチ会社であるイプソスが7月13日に発表した世論調査によれば、東京五輪の開催を反対する日本人は78%にのぼっていたそうなので、今の熱狂ぶりに疑問を感じる人が多いのも当然だと思います。ただ、もう五輪は始まってしまいましたし、せっかく自国の選手たちが大活躍しているのですから、手のひら返しだミーハーだと批判するよりも積極的に楽しんだ方がいいとは思いますけどね」(フリーライター)

 しばらく東京五輪フィーバーは続きそうだ。

(小林洋三)

関連リンク

  • 7/29 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

7
  • ***

    8/3 8:46

    グッズ買いません、金はあるけど他の事に使います。飲み食いが主かな、家での。オリンピック応援してますよ心の中で。メダル取ったら喜びますよ、毎晩のダイジェスト見てね。ライブでは見ませんね。他にやりたい事あるし。

  • アスリートには罪はない。強行開催は許されるものでもない。感染拡大のなかという異常な状況において単純なバッハは高笑い。調子に乗るなよ、ぼったくり野郎。グッズは買うつもりありません。これだから舐められますのや。

  • トリトン

    8/2 14:49

    ファミリーマートに3300円でオリンピックTシャツ売ってたな。買わな買ったけど。

記事の無断転載を禁じます