「林遣都と大島優子結婚」のウラで元カノ・島崎遥香が前田敦子にSOS!?心配の声相次ぐ

拡大画像を見る

 林遣都(30)と大島優子(32)が近く“電撃婚”へ――7月29日付の『スポニチアネックス』が第一報を報じると、ネット上にはさまざまな反応が寄せられた。

 2人は2012年公開の映画『闇金ウシジマくん』で共演。当時、林はAKB48の東京ドーム公演にも足を運んでおり、映画の舞台挨拶では“かわいらしいイメージだった大島さんが、キレキレのダンスを見せていてとてもカッコよかった”とべた褒めしていた。

 長らく友人関係を続けていた2人が急接近したのは、戸田恵梨香(32)演じるヒロインの幼なじみ役をそろって演じたNHK朝ドラ『スカーレット』。撮影終了後の昨年夏ごろに交際をスタートさせてからは、人目につかないよう自宅デートを重ね“極秘愛”を育んできたという。

「同誌によれば、すでに関係各所への報告は済んでおり、タイミングが合い次第、婚姻届を出して同居を開始するそうです。報道後、2人は双方の所属事務所を通じて正式に結婚を発表しました。

 林も大島もともに子役上がりで、若い頃から芸能界の第一線で活躍してきた実力派。近年は確かな演技力で評価を高めているという点も共通しており、公私ともに分かり合える部分が多かったのかもしれません。極秘交際を貫いてきただけに世間を驚かせはしましたが、シャイな林としっかり者で“姉さん女房”の大島というカップリングは、SNSでも“お似合い”“とってもかわいい夫婦”と好意的に受け取られているようです」(女性誌記者)

 おめでたいニュースのウラで、ネット上では“ある人物”に対して≪複雑だろうな≫≪先輩と結婚されるのはちょっと可哀想…≫≪情緒不安定な子だから今めっちゃ病んでそう≫と心配の声が上がっているという。

■林遣都、過去には大島優子の後輩・島崎遥香と交際

「元AKBメンバーで、大島の後輩でもある“ぱるる”こと島崎遥香(27)です。実は林と島崎は、2019年12月28日付の『文春オンライン』で熱愛と破局が同時に報じられました。報道によれば、2人は2018年の米倉涼子(45)主演ドラマ『リーガルV』(テレビ朝日系)での共演をきっかけに交際をスタート。島崎のほうが林にべた惚れで、林のマンションに移り住む形での同棲を計画していたそうですが、それと前後して林が仕事で関西に長期滞在することに。遠距離恋愛に耐えられず、1年足らずの交際期間を経て破局に至ったとされています。

 破局のきっかけとなった林の仕事というのは、まさに『スカーレット』の撮影。時系列的に考えると、林は島崎との破局後に大島と急接近、撮影終了後に正式交際スタートという流れになるので“カブり”はないですね。しかし、島崎からすれば大島は同じアイドルグループに所属していた大先輩。今回の結婚報道を聞いて、多少なりとも思うところはあるかもしれませんね」(前出の女性誌記者)

 そんな島崎が最も慕っている先輩は、AKB48“不動のエース”だった前田敦子(30)だという。

■島崎遥香、前田敦子に恋愛相談していた?「結構ガチな……」

「日ごろから前田にさまざまな相談事をしているという島崎は、昨年8月にフジテレビ系バラエティ『ダウンタウンなう』に出演した際、前田に何を相談しているのかと問われて“(テレビで)話せる話がない。結構ガチな……”とかたくなに言葉を濁していました。林と大島は昨夏に交際を開始したとのことですから、まさにその2人に関する内容もあったのではないかと邪推する声も上がっています。

 前田と大島は親友ですが、かわいい後輩の心中を考えたら手放しで大喜びするわけにもいきませんし、立場的には前田が一番つらいところかもしれませんね」(前同)

関連リンク

  • 7/29 12:23
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます