芸人「経験人数」動画の「300人」「夢ありまくる3人の相手」暴露で「大とばっちり」の男性アナ

拡大画像を見る

 やはり成功者はケタが違うようだ。お笑いコンビの鬼越トマホークが7月21日にYouTubeチャンネル『鬼越トマホーク喧嘩チャンネル』で『【禁断作】芸人の経験人数を暴き散らす〜みんなこんなに遊んでるの!?~【鬼越トマホーク】』という衝撃的な動画を投稿し、話題を呼んでいる。

「多くの人が芸人に憧れる理由の1つとして“モテたいから”というものがありますが、鬼越の金ちゃん(35)が“芸人になりたい子に夢を与えたい”と切り出し、“芸人仲間に経験人数を聞いて、合計200に近づけたほうが勝ち。超えた瞬間に負け”というチキンレース対決を行ったんです。

 ちなみに、金ちゃんは“覚えてない”と言いつつも、最低18回は経験があり、そのうちの1人は引退した女芸人だったそうです。

 意外にも、相方の坂井良多(35)は“プロ”を除くと彼女ができたのは2回で、性的な関係は1回だけだったとか」(女性誌記者)

 自分たちの人数をベースとして「坂井1vs金ちゃん18」からスタートし、順番に芸人仲間に経験人数を聞いていく鬼越トマホーク。

 金ちゃんの電話に出たウーマンラッシュアワーの中川パラダイス(40)は80人。

 坂井の電話に出たコロコロチキチキペッパーズのナダル(36)は20人。うち「年上は15人くらいいた」(ナダル)という。

「坂井によると“メチャクチャ美人な子”がナダル好きを公言しているといい、結婚してからピタッと女遊びを止めたナダルを金ちゃんも賞賛していました。クズキャラで有名なナダルですが、素は誠実なようですね。もっとも、金ちゃんも坂井もナダルの“20人”という数字が本当かどうかは怪しんでいましたが(笑)」(前同)

 その後、相席スタートの山添寛(36)は「80人くらいちゃうかな?」。デニスの植野行雄(40)が24人、ニューヨークの嶋佐和也(35)が「100人はいってる」といったスコアが明らかになったが、これらはすべてチキンレース終了後の「番外編」で明らかになった数字。

■「夢がある」3人と経験済み!?

「本来の趣旨だったチキンレース対決は、ナダルの次に、お笑いコンビコットン(今年3月末にラフレクランから改名)の西村真二(37)ときょん(33)が、あまりにも次元が違いすぎる数字を言い放ったことで、坂井がドボンで負けてしまったんです。

 西村は、経験人数を聞かれて“だいたい……300とか”と、異次元の数字を回答。ひとりだけで、リミットの200を超えたことで、勝負に負けてしまった坂井ですが、“でも夢をありがとう!”としていました。実は西村は芸人になる前からモテモテで、300人中150人は、芸人になる前の数字だそうです」(専門誌記者)

 西村といえば、2008年に広島ホームテレビにアナウンサーとして就職し、11年3月31日までは同局で働いていた異色の経歴で知られている。わずか3年のアナウンサー時代に「100ちょっと」を経験したというから驚くほかはない。

「西村は、07年にミスター慶應コンテストでグランプリを受賞した慶應ボーイで、男前ぶりは芸人界でも轟いています。男性アナ時代は“アスリートたちとコンパ三昧だった”と明かし、“(一緒に遊んでいた相手を明かしたら)何人か退団させる自信がある”と豪語するほど遊びまくっていたことを明かし、鬼越を驚かせていました」(前同)

「芸人になってモテたい!」という動機についても西村は、「モテたいとか、女の子を抱きたいとかは、もう済ませて入ってきた」と実に羨ましい発言までしていたが、坂井の「業界系の女の子は何人?」という質問にも、驚きの返答をしていた。

「業界系だと2、30人。しかも“本当に夢がある”“そのためだけに芸人になってもいい”というレベルの女性3人と経験したことがあるそうです。ちなみに相方のきょんは、経験人数を78人としたうえで、“この業界に入ってなかったらたどり着けなかっただろう人”と関係があったことを明かし、“グループって言い方なのかな……”と言いかけたところで“そこまで聞いてない!”と金ちゃんが制していました。まあ、芸人には夢がある、ということが実によくわかりましたね(笑)」(前同)

■芸人以上にアナがモテモテ!?

 しかし、鬼越の2人も指摘していたが、今回の企画の趣旨である芸人以上に、アナウンサーがモテまくっていることが、如実に明らかになった。地方局のアナだった西村でさえ、3年勤めただけで100人超え。これがキー局アナだった場合、どれだけの人数になるのかーー。

「モテる男性アナ、といえば“赤坂のドン・ファン”という異名がついたTBSの小林廣輝アナ(27)が思い浮かびますよね。6月11日発売の『FRIDAY』(講談社)で、テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサー(24)と“お泊まり愛”が報じられたのを皮切りに、複数女性からの告発が25日発売の同誌で続報され、2股どころではない“6股”にも及ぶ奔放な女性関係が明るみに出てしまいました」(前出の女性誌記者)

 また、元フジテレビアナウンサーだった長谷川豊(45)氏は、2013年に『東スポ』のコラム「すべてお話ししますがなにか?」にて、

「独身の男性アナはCAだけでなく、グラドルやレースクイーンといった華やかな職種の美女と飲んだこともあると聞きます。男性アナから言えば、より取り見取りなんでしょうかね」

「僕のモテ期は、フジのアナウンサーとして内定をもらった直後。1998年1月のことでした。わずか1か月で6人の女の子から告白されたんです。4~5日に1回ペースでどんどんアプローチされました。信じられますか? そんな短期間で求愛されるなんて」

 と、実にモテまくる職業であることを実体験から明かし、理由について「高給取りで会社は潰れず安定、かつテレビに出ていて知名度もあり華やか」「同じトークを仕事にしているお笑い芸人さんもモテるけど、収入は不安定。プロ野球選手は恋愛対象にはいいけど、結婚相手としてはどうか。現役時代に活躍した選手ならまだしも、選手みんながそういうわけではない。引退後のセカンドライフが不確定」

 ゆえに、男性アナが人気なのでは、と推察していた。

「とはいえ、きょんが“グループの女の子”と経験できたことからもわかるように、やはり芸人にも夢はある。西村のモテっぷりで企画の趣旨が変わりかけましたが、“芸人になりたい子に夢を与えたい” という目的はばっちり果たせたのではないでしょうか(笑)」(前同)

 今年アナウンサーと芸人を志す若者が増えたとしたら、それは鬼越トマホークの影響かもしれないーー。

関連リンク

  • 7/29 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます