「偉そう」「怖い」坂上忍!女性が選ぶ【嫌いなワイドショーコメンテーター】10人

拡大画像を見る

 タレント、芸人、文化人、専門家など、ワイドショーには欠かせない個性豊かなコメンテーターたち。視聴者の気持ちを代弁するような鋭いコメントが称賛されることもあるが、行き過ぎた見解にはブーイングが浴びせられることも多い。また発言内容に関わらず、キャラのせいで反感を買ってしまうことも……。そこで今回は10~50代の女性200人に「嫌いなコメンテーター」について聞いてみた。

 第4位は、ホリエモンこと堀江貴文。

 ホリエモンは、ツイッターフォロワー数が349万人、YouTubeのチャンネル登録者数は122万人と、絶大な影響力を持っている。コメンテーターとしては、『サンデージャポン』(TBS系)、『5時に夢中!』(TOKYO MX)などに、たびたび登場しているが、昨年8月に自身のTwitterで、「テレビ出演のオファーは結構あるんだけどほとんど断ってる」「正直YouTubeのほうが拡散するし稼げるからね。時間効率もいいし、好きなだけ喋れる」とテレビでの不完全燃焼感を明かしていた。テレビには出ないが、SNSでの発信も常に注目されている。昨年9月に餃子店を訪れた際、同行者がマスクをしておらず入店を拒否されたことをSNSに書き込み、店が一時閉店に追い込まれるという騒動になり、ネットでは、「餃子店がかわいそう過ぎる」「マスクするのは、もはやマナーだろ」という批判の声も上がった。

 そんな堀江に10代の女性からは「偉そうなしゃべり方が嫌い」(14歳/女性/学生・フリーター)という理由が多く挙がっており、他の世代からも「頭がとてもいい人だけど、人の気持ちや言い方に配慮ができていない。高圧的な印象を受ける」(36歳/女性/総務・人事・事務)、「上から目線と感じてあまり好きじゃない。共感できるところが少ない」(29歳/女性/主婦)と思われていた。

 第2位は、坂上忍とテレビ朝日報道局員の玉川徹氏の2人が同率でランクイン。

『バイキングMORE』(フジテレビ系)で総合MCを務めている坂上忍。好き嫌いがハッキリしていて、歯に衣着せぬコメントが坂上の魅力でもあるが、ときに感情的過ぎる場面も見られる。今年1月に歌舞伎俳優の中村芝翫の不倫問題が取り上げられた際には、彼が自分の友人であることに触れ、「僕は全力で黙ります」と宣言し、視聴者からブーイングが上がった。また共演者とのバトルもたびたびで、6月21日放送の回で平井卓也デジタル改革相のオンライン会議での不適切発言をめぐる『週刊文春』(文藝春秋)報道について、坂上が「そこまでの話か?」と言ったことに、解説員でジャーナリストの中村竜太郎氏が「坂上さんの一方的な決めつけは勘弁して」と反論。これに坂上がブチギレし、「決めつけって言ったら、この記事のほうが決めつけ」「表現の自由、報道の自由はあるけれども、それで僕だって相当迷惑して我慢してる!」とまくし立て、視聴者からは「放送事故」という声も上がった。

■10代女性からは「怖い」「しゃべりすぎ」

 坂上を選んだ人からは、「荒々しくて怖い。偉そう」(16歳/女性/学生・フリーター)、「自分勝手な意見しか言わない。いつも不機嫌そうで批判だけしてるイメージ」(25歳/女性/総務・人事・事務)、「人の話を聞きいてるときの態度が悪い。人には言うのに自分は偉そう」(35歳/女性/主婦)、「言っていることが人に便乗していたりして薄い。上から目線も苦手」(55歳/女性/主婦)、「クセが強すぎて無理」(38歳/女性/営業・販売)など、さまざまな理由が挙がった。

 一方、玉川徹はテレビ朝日の局員で、同局の情報番組『モーニングショー』のレギュラーコメンテーターを担当。強めのコメントをすることが多く、それがたびたびネットで炎上している。昨年5月には、同番組で「PCRの精度があまり良くないというか、7割くらいだという話をよく喧伝されるが、本当にウイルスがあれば100%近く感度があるはず」「取り方が今ひとつうまくなかったとか、手技や取る場所に依存しているのではないか」という発言が、医療従事者への冒涜と物議を醸し、ネットでは「医療従事者に謝れ」「この状況下で頑張ってくれている医療従事者に土下座しろ!」など辛辣な声が上がった。

 玉川を選んだ人からは「とんちんかんなことをネチネチ言っている感じがする」(38歳/女性/主婦)、「しゃべりかたがうっとうしいというか、しゃべりすぎ」(17歳/女性/学生・フリーター)、「批判することが多い。過激で、批判の内容もたまにおかしいと思うことがある」(45歳/女性/営業・販売)、「威圧的で騒がしいイメージ。表情や言い方などに、不快感を感じることがある」(52歳/女性/主婦)などの理由が見られた。

 そして第1位は、元大阪市長で弁護士の橋下徹。

 弁護士としてテレビバラエティなどでも活躍し、その後、知事や市長、政党党首の経験もした橋下。現在は『めざまし8』(フジテレビ系) の月曜日と木曜日のレギュラーをはじめ、『Live News イット!』『バイキングMORE』(ともにフジテレビ系)、『ゴゴスマ』(TBS系)、『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)など、各局の情報番組でコメンテーターとして活動している。舌鋒鋭い発言で知られるが、そのため賛否が巻き起こることも多い。昨年3月放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で、新型コロナウイルスについて「感染症に強くなるためには、みんなが免疫を持つこと」「重症化する人は守らなきゃいけないけど、元気な人はみんな感染してもいいんじゃないの?」という見解を示したが、視聴者からは「基礎疾患のある人に感染させて命失ったらどう責任取る」など反発の声が上がった。

 橋本を選んだ人からは、「行動力や実行力があり、以前はとても好感を持っていたが、コロナ対策において意見に強引さを感じてしまうことが増え、苦手になった」(40歳/女性/主婦)、「自分が正しいと思い込みすぎている。変に自信を持っていてマウントを取りたがる」(51歳/女性/主婦)、「理屈っぽいしうるさい。意見に偏りを感じる」(31歳/女性/デザイン関係)、「自分の意見を押しつけがち、人の意見を否定ばかりしている」(35歳/女性/総務・人事・事務)、「言うことが変わることがあるから信用できない」(49歳/女性)などの理由が挙がった。

 上位には、本サイトで行った「好きなコメンテーター」ランキングの上位にもランクインした人たちが多く、見る人によって印象が変わることがわかる。気になるランキングの詳細は次ページで!

関連リンク

  • 7/28 7:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • マッシー

    7/28 7:34

    コイツらが出ている番組は視なければイイだけの話しでしょう?。視聴率が下がれば、番組を降ろされますから。ネ!

記事の無断転載を禁じます