五輪代表・瀬戸大也「ムカつく」発言がまた物議!タレント妻、両親も…燃えさかる「瀬戸家舌禍事件」!!

拡大画像を見る

 7月27日、東京五輪の競泳・男子200メートルバタフライ準決勝が行われ、瀬戸大也選手(27)が出場したものの、1分55秒50の全体11位で決勝進出を逃した。

 競技後のインタビューでは「ちょっと上手く泳げなかった。それでも結果を出していきたかったが、めちゃくちゃ流れが悪い。しっかり気持ちを切り替えて200個人メドレーは納得するレースをしたい」と語った。

 瀬戸選手は、大会初日の7月24日、本命種目とされた400メートル個人メドレーでまさかの予選敗退。最後の自由形で力を抜き、決勝進出ラインに0秒32届かなかったことが、ニュースで大きく取り上げられた。

 瀬戸は7月26日、男子200メートルバタフライ予選後のインタビューで、「ネットですごいいろんなこと言われてめっちゃムカつきますけど、戦っているのは自分。気にもしつつあまり気にしないところもあるので、そういうのも自分のパワーに変えたい」とコメント。

「めっちゃムカつく」という瀬戸選手の発言に、ネットには「本当に物事をわからない人間なんだな……自分本位。一番むかついてるのは代表を逃した選手。いい加減な皮算用で泳ぐぐらいなら出るな!」「この言い方。スポーツ選手として以前に、人としてどうかと思う。あの騒動は起こるべくして起こったのかなと思います」といった声が上がってしまった。

 瀬戸選手は、2020年9月の『週刊新潮』(新潮社)に一般女性との不倫スキャンダルを報じられ、ANAと結んでいた所属契約を解除された。スポンサーも撤退し、競泳日本代表チームのキャプテンも辞退するなど、騒動に発展したことも記憶に新しい。

「不倫スキャンダルを起こし、さらに五輪でも満足に結果を残すことができず、批判の声が上がっているわけです。そんな中、瀬戸選手本人もネットの声に“ムカつく”と言ったことで、さらなる炎上を招いてしまっている。

 バタフライ準決勝敗退時のコメントに対しても“不倫問題は置いておいても、これが今の実力なのではないか。言い訳ではなく、何が悪かったのかを考えるべきでは”といった厳しい意見が寄せられています。ただ、瀬戸選手本人だけではありません。“瀬戸家”を巡ってはこれまでいろいろな“舌禍事件”がありましたよね」(女性誌ライター)

■妻・馬淵優佳にも「しゃしゃり出すぎ」の声

 瀬戸選手の妻で元飛び込み日本代表の馬淵優佳(26)は、東京五輪に合わせてさまざまなワイドショーや情報番組に出演している。

 7月26日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演した馬渕は、大会初日に予選落ちてしまった夫・瀬戸選手について「本人もちょっとレースプランを誤ってしまったというようなことを言っていて」と説明したことも話題を呼んだ。

 同日、馬淵は『よんちゃんTV』(MBSテレビ)にもリモート出演。予選落ちした瀬戸選手に対して「終わったことは気持ちはしっかり切り替えて。追い込まれていると思うので、もう、ゴン攻めしてほしい」と激励した。

「“ゴン攻め”はスケートボードの解説を務めたプロスケートボーダーの瀬尻稜さん(24)が用いた言葉で、今や流行語になりつつあります。馬渕さんもその言葉をいち早く取り入れて番組で使ったわけです。

 馬渕さんといえば、瀬戸選手の不倫騒動前から一部ワイドショーにコメンテーターなどとして出演していましたが、騒動後にはさらに露出を増やしています。ただ、一部には“しゃしゃり出てきすぎでは?”と疑問を呈する声もありますよね」(前出の女性誌ライター)

 瀬戸選手の不倫が報じられた直後、馬淵は2020年10月19日付のウェブ版『FRaU』のインタビューに登場。瀬戸選手にいいイメージがあったからこそ「スポンサーがついてお金を稼ぐことができた」と述べ、不倫スキャンダルは「夫婦の問題で済ませてはいけないと思う」といったことを語った。

 また、2020年10月27日の『ミント!』(MBSテレビ)の生出演した際には「いろいろあったんですけど、自分のプライベートなことでせっかくいただいたお仕事をやめるという考えは、私の中にはまったくありませんでした」とコメントしたことも話題を呼んだ。

「当時、馬渕さんに対しては“とても聡明でよくできた奥様だと感じました”といった賞賛の声、同情的な声も多数寄せられました。

 一方で、瀬戸選手の不倫騒動以降、メディア露出が急激に増えたことから“これを機にタレント活動に拍車をかける勢いだな”といった声も上がってしまいました」(前同)

■両親のコメントで瀬戸選手の不倫がさらに深堀りされ……

 今回の『スッキリ』や『よんちゃんTV』でのコメントに対しても、「この方がしゃべることでどんどん旦那を応援する気持ちがみんな減っていってる気がするよ」「うーん、瀬戸も不倫問題から好きじゃないけど、この奥さんもなんかあんまり良いイメージがないんですよね」「奥さん自身も出たがりのでしゃばりでこんな人だと思ってなかった」といった声が上がっている。

「さらに、瀬戸選手の両親は今年1月5日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)の直撃取材に応じましたが、そこで息子のことを語ったことで、さらなる炎上を招いてしまいましたよね」(前出の女性誌ライター)

 不倫報道について、母親は「それについては叱りました。大也が至らなかったと思います」と息子の行為を叱責したと明かした。しかし「でも、大也も相手の女性のことをよく知らないし、関係を持ったのも1回だけ。2年に及ぶ関係もウソですよ」と、一部週刊誌の報道内容を否定した。

「両親が語ったように、記事とは異なる部分もあったのでしょう。ただ、母親のコメントが事実だとすると、瀬戸選手がよく知らない女性と関係を持っていた、ということになる。それだけ、瀬戸選手の女性関係が奔放だったとも受け取られかねないコメントでもあるんです。

 両親は報道に対する不満が抑えきれずに言ってしまったのでしょうが、言わなくていいことまで語ってしまったわけです。また、不倫は夫婦の問題ですし、外野に言われたくないという気持ちも当然ある。それで馬渕さんも自らメディアに出て夫婦の考えを述べたのかもしれません。

 ただ、馬淵さんに対しては“表に出たい”という思惑も視聴者は感じ取ってしまい、さらなる批判を招いている側面もあるようです。しかし、瀬戸選手も馬渕さんも両親も、芸能人ではなく一般人ですからね。慣れないメディア対応で、思いがけず炎上してしまいかねないことを言ってしまうのかもしれないですね」(前同)

 瀬戸選手にとって、残す種目は7月28日に予選を迎える200メートル個人メドレーのみ。批判的な声をかき消すような活躍に期待したい!

関連リンク

  • 7/28 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6
  • 紅葉

    7/30 1:52

    何も発言しなければ、叩かれることは無いのに。黙っていることができないし、言葉の選択もおかしい。スポーツ選手でたまにいるが、脳が運動領域ばかり発達し、思考や言葉の中枢が全くダメな人いる。そういうタイプなんだろうね。

  • ***

    7/29 13:06

    偉大な実績のある選手にぐちゃぐちゃ言うなよ。言うなら何十年も国民を裏切り続けるサッカー選手に言うべき。弱小3流であるのに他の結果を残す超一流競技を差し置いてメディアには1番取り上げられているにも関わらず何十年も裏切り続ける競技。結果とはメダルに決まってます。予選云々…話になりません

  • おやぢ

    7/29 12:06

    むかついてるのは代表逃した人云々は、会ったこともない他人の感情が良く分かるなw という感じですね。他人をダシしないと悪口も言えない汚物相手に腹をたてる必要もないのに…

記事の無断転載を禁じます