「プロミス・シンデレラ」眞栄田郷敦、涙する二階堂ふみへの行動に「一気に惚れた」「身長差ときめく」と視聴者悶絶

【モデルプレス=2021/07/27】女優の二階堂ふみが主演を務めるTBS系火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(毎週火曜よる10時~)の第3話が、27日に放送。俳優の眞栄田郷敦演じる片岡壱成の行動に反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

同作は、夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになったアラサーバツイチ女子・桂木早梅(二階堂)が、高級老舗旅館「かたおか」の御曹司でイケメンだが性格がすこぶる悪い男子高校生・片岡壱成に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディ。

◆早梅、ついに夫と離婚

早梅が正式に離婚していないと知った壱成は、早梅が自宅に戻って離婚届にサインをし、不倫した夫・正弘(井之脇海)から慰謝料300万円をぶんどるというゲームを持ちかけた。

早梅は正弘と慰謝料の誓約書を交わして離婚届にサインをするものの、不倫された悲しみを言葉に出来ず後悔が残る。その様子を見かねた壱成は2人の自宅に乱入した。

正弘は、早梅が自分のことを好きだったのか分からなかったというのに対し、不倫相手については「彼女は僕を必要としてくれた。僕がそばにいないとダメだと言ってくれた」とかばう。壱成はそんな正弘を殴り「もう黙れよおっさん。てめぇが相手の女かばえばかばうほど、目の前にいるコイツがゴリゴリ削られてんだよ」と早梅の気持ちを汲み取った。

◆壱成、涙する早梅に取った行動に反響

最後には早梅が正弘に「あんたみたいな男とお金を通してでも繋がっていたくない」と言い放ち家を飛び出すが、しばらく歩いた橋の上で我慢していた涙が溢れ出してしまう。

人通りのある場所で「おかしいよね。さっきまで我慢できてたのにこういうタイミングで泣いちゃうなんて」と涙を流す早梅。壱成は彼女の肩をとって川の方へ向かせ、泣いている姿が周りに見えないようにした後「こっち向いて待ってろ」とどこかへ。しばらくすると、箱ティッシュを買って戻り「ゲームは失敗。でもまぁ頑張ったんじゃねえ?」と夫と向き合った彼女を褒めた。

堰を切ったように泣き続ける早梅の横で、黙って泣き止むのを待つ壱成。視聴者からは「泣いてるの見えないように隠してあげるの萌えた…!」「肩掴んだ時の身長差ときめく」「今日の放送で一気に惚れた」「ハンカチじゃなくて箱ティッシュってところが不器用で可愛い(笑)」など、多数の反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/27 23:21
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます