夏のビーチに呼ばれて? バスに乗って出かけた笑顔の愛犬をSNSで発見、飼い主は唖然(英)

拡大画像を見る

飼い主である英デンビーシャー郡ルドラン在住のジェイク・チャノンさん(Jake Channon)を驚かせたのは、愛犬でスタッフォードシャー・ブル・テリアの“ロッコ(Rocco、6)”だ。

今月20日、ジェイクさんはロッコを公園へ散歩に連れて行った後、自宅に帰ってくるとゴミを出すために玄関から外へ出た。この時、ロッコが一緒についてきて外に出てしまったのだ。

まったく気が付かなかったというジェイクさんは、サッとゴミを捨てるとそのまま家の中に戻った。外に取り残されたロッコだったがタイミングよくバスがやって来たようで、そのままバスに乗り込んでしまった。

バスの行先は、ジェイクさんの自宅から3マイル(約4.8キロ)ほど離れた場所にあるリル・ビーチ。ロッコはまるで海に呼ばれたかのように、自分の力で海へ向かうことにしたようだ。

愛犬が大冒険を始めたことなどつゆ知らず、自宅でくつろいでいたというジェイクさんは「ゴミ捨てを終えてから20分後くらいですね、Facebookを見ていたらバスに乗った犬が1匹だけでリルに向かっているという投稿を見つけたんだ。面白いなと思ったので恋人にも見せたら、『この子ロッコに似てない?』って言うんですよ」と当時を振り返る。

まさかと思いつつ自宅でロッコの名前を叫んでみたが反応はなく、ジェイクさんは「バスに乗っていたのは私の犬だったんだ!」と仰天したという。

当時バスに乗車しており、ロッコがバスに乗る瞬間を目撃したエマ・パーソネジさん(Emma Parsonage)は「犬はさりげなくバスに乗って、座席に座っていました。飼い主らしい人が見当たらなかったので、どこからやって来たのか確認するために、犬の写真を撮って“今日のルドラン(Rhuddlan Today)”というFacebookグループに投稿しました」と話す。

続けて「乗車賃も支払わなかったですし、大胆な子ですよね。でも飼い主のところに帰ることができて良かったです」と笑ってコメントした。

ジェイクさんがロッコと出会ったのは、ロッコが生後4か月の頃だった。以前の飼い主が英国動物虐待防止協会(RSPCA)に引き渡すというので、ジェイクさんが新しい飼い主として名乗り出た。それから約6年を一緒に過ごしてきたが、ロッコの脱走は今回が初めてのことではないという。

ジェイクさんはこのように明かしている。

「以前、私がバーミンガムでパーソナルトレーナーとして働いていた時、1匹の犬が通りを歩いているのを見かけました。近くに飼い主がいないことに気がついてよく見てみると、それはロッコだったんですよ。」

「ロッコは家から抜け出して、なぜか街の中心部にまでやって来たようでした。無邪気に尻尾を振って私の方を見ていましたよ。ロッコはリードの外し方を知っているので、お店の外に縛っておいても自ら外して私についてきます。個性的で面白く、賢くて大胆な子ですよ。」

このニュースを見た人からは、「『ロッコの大冒険』っていう本にするべき」「本当に良い笑顔だね」「最高に面白い話だ」「バスの旅は楽しめたのかな?」と多くの笑いの声が寄せられている。

ちなみにロッコはリル・ビーチで下車することはなかったようで、ジェイクさんはバスの車両基地まで運転して、ロッコを迎えに行くことになったという。自宅に帰ってきたことをジェイクさんが写真を添付してFacebookで報告すると、「もう次の冒険を考えているみたいだね」というコメントが見受けられた。

画像は『The Daily Star 2021年7月22日付「Cheeky dog snuck out and went on bus adventure and owner only found out on Facebook」(Image: Daily Post Wales)』『Jake Channon 2018年9月30日付Facebook、2021年7月23日付Facebook「He’s back home now」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/27 21:50
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます