最高にハッピーな犬と不機嫌すぎる猫 真逆の表情も最高のコンビ(ニュージーランド)

拡大画像を見る

ニュージーランド南島にあるクライストチャーチ在住の写真家で陶芸家でもあるリンサ・リーさん(Rinsa Li、29)とウェイ・チェンさん(Wei Cheng)は、白くフワフワとした体毛が特徴のサモエド“キャスパー(Casper、6)”を飼っている。

リンサさんたちは以前から猫も飼いたいと考えていたが、「キャスパーと仲良くできるか」「もし相性が悪かったらどうしよう」などと不安があり、なかなか踏み切れないでいた。

ある日、友人が子猫を飼い始めたので、キャスパーが子猫を前にしてどんな反応をするか確かめるチャンスがあった。実際に対面させると、キャスパーは子猫に対してとても優しく穏やかに振舞っていたという。

このキャスパーの様子を見て、リンサさんは「全ての不安が無くなったので、夢にみた猫を探し始めました」と話す。そして新しい家族の一員として迎えたのは、ペルシャ猫の“ロメオ(Romeo)”だった。

子猫だったロメオは当初、おっかなびっくりしながらもキャスパーのことを興味津々に遠くから見ていた。それから徐々にちょっかいを出すようになり、最終的に2匹はいつも寄り添ってくつろぐほどの仲になったそうだ。

そしてリンサさんは旅行をしながら雄大な景色とともに2匹の写真を撮り、Instagramに投稿すると、以下のようなコメントが多数届いた。

「この2匹はいつ見ても笑顔になれるよ」
「本当に可愛すぎる」
「2匹がくっついていると、境目が分からないね」
「またお気に入りのアカウントを見つけちゃった!」
「最高のコンビだね」

多くの人を虜にした対照的な表情の2匹を撮り続けるリンサさんは「2匹は性格も全然違うのですよ。キャスパーは外向的な性格で、たくさんの人と触れ合うのが大好きです。一方でロメオは内向的なので、一対一の触れ合いを好んでいます」と明かしている。

表情や性格も正反対な2匹だが、逆にそれが友情を深めたのかもしれない。白くふわっとした姿の2匹はお互いが大好きで、最高の相棒になっているという。

またリンサさんによると、2匹の写真には「ロメオの表情を“コーヒーを飲む前”、そしてキャスパーの表情を“コーヒーを飲んだ後”と表現する人や、ロメオが“月曜日”、キャスパーが“週末”と言って遊ぶ人もいますよ」とのことだ。

ちなみにリンサさんは2匹の写真に対する大反響を受け、キャスパーとロメオの姿をマグカップやトートバッグ、Tシャツなどのグッズにして販売することを今月20日にInstagramで報告している。

画像は『Casper and Romeo 2019年12月2日付Instagram「Romeo: “let’s go servant”」、2019年10月14日付Instagram「Swipe left to see what happens when we leave them alone for 5 seconds.」、2020年11月8日付Instagram「Would you go to somewhere just you and I?」、2021年7月20日付Instagram「Hi friends, for a while now, we have had a lot of people reach out and share with us how much joy Casper and Romeo have brought to their daily lives.」、2021年5月20日付Instagram「Casper: “I love you from the top of my head”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 7/26 14:34
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • トリトン

    7/26 19:01

    可愛いでこぼこコンビですね。

記事の無断転載を禁じます