松本潤、木村拓哉は「無意識」レベル!河合郁人に「強烈ダメ出し」した先輩Jの名前

拡大画像を見る

 7月21日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、A.B.C-Zの河合郁人(33)が「ジャニーズものまね」をするうえでの葛藤を明かした。今回は、河合の他、原口あきまさ(45)、ホリ(44)、山本高広(46)、神奈月(55)、ミラクルひかる(41)らが登場。明石家さんま(66)は「こんな中におまえ入ってんのおかしいから」「入ったらあかん」と諭したが、河合は木村拓哉(48)のものまねを披露し、「しょうがないです」「ジャニーズ事務所のものまね芸人の枠でやってますから」と答えた。

 冒頭から、ホリが得意としている木村のものまねを披露、原口は中居正広(48)のものまね、神無月は草なぎ剛(47)のものまねが得意なため、河合は「今日SMAPに囲まれてるぐらい緊張してますから」とコメント。これに応えるように、それぞれがSMAPメンバーのものまねを始め、さんまも「ほんまや。ここにSMAPそろうてるわ」と大喜びだった。

 これには視聴者も「SMAPものまねありがとうございまーす」「河合くんにとってはSMAP笑」「本人登場とかあったら楽しいのにね」と盛り上がっていた。

 その後、ものまね芸人たちの「日常生活に無意識にものまねが出て困る」という悩みが明かされたが、河合も「普通に本気で踊ってても、メンバーの橋本とかに、“ちょっと松潤やんのやめて”とか」と、橋本良亮(28)から松本潤(37)のダンスものまねだと思われたことを告白。他にも「SNSとか、テレビ番組出た後に“今の歌い方ちょっと木村さん意識してたね”とか書いてあるんですよ」「まったく意識してないんですけど、そういうこと言われることが多いですね」と、ふだんやっているものまねレパートリーを入れていると思われてしまう悩みを語った。

■堂本光一からはダメだしも

 専門家によれば、人間には「完全無欠なものに近づきたい」という願望があり、まねをすることで成長するという。ものまね芸人たちが「ものまねって何が面白いんだろう」「なんで笑ってもらえるんだろう」という思いもあると打ち明けると、河合も「普通にやってることだったんです」「子どもの頃から、それこそJr.に入って」「踊りはかっこいい松本潤くんの踊りをまねて、歌は木村さんをまねて」と、先輩たちを見本としてきたとと告白。そんな流れでのものまねなので、河合は「正直その、“これ、おもしろいでしょ?”って感じじゃないんですよ」と語った。

 また、ものまねをしていると「素の自分」が分からなくなるという話題になり、加藤綾子(36)から「河合さん、強くないですか。素の自分もいて、かつ先輩後輩のものまねができるっていう」と指摘された河合は、本人の前でものまねをする機会が増えてことが増えたと明かし、「KinKi Kidsさんの前でもものまねしたりするんですよ」「そしたら光一くんに、“ものまねするんじゃなくて、自分がものまねされる人にならないとダメだよ”って」と、堂本光一(42)から強烈なダメ出しを受けたと告白。「確かにそうだな」と思ったとションボリしていた。

 ものまねに関してではないが、河合にダメ出しをした先輩は光一だけではない。河合はバラエティ番組で、松本は焼肉にいくといつも肉を焼いてくれるが、黒いサングラスをかけているため肉が生焼けなことがあると暴露。

 その話題をネタにしていたところ、松本から「もうお前とはメシ行かねぇ!」と怒られてしまったと、6月14日放送の『Do8』(フジテレビ系)で明かし、「そのお肉はいいお肉なんで、レアでも全然食べられるんです」とフォローしていた。

関連リンク

  • 7/26 6:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます