猛攻耐えきれず敗戦…主将・熊谷紗希「本当に悔しい」も「ここで終わりではない」

拡大画像を見る

 日本女子代表(なでしこジャパン)のキャプテンを務めるDF熊谷紗希が、24日に行われた東京オリンピック第2戦のイギリス女子代表戦を振り返った。

 なでしこジャパンは長い時間イギリスの猛攻を耐えていたものの、74分にゴール前での混戦からエレン・ホワイトにワンチャンスをものにされて敗戦。終盤に岩渕真奈を投入して反撃を試みたものの、最後まで1点が遠く0-1で敗れた。

 熊谷は失点を振り返り、「それで勝負が決まる世界なので、自分たちも理解して戦っていたところはありました。終始自分たちの思った形で守れていただけに、やはりあの一つは本当に悔しいです」とコメント。また、「最低でも勝ち点1を取りたかったのが正直なところですが、この試合は終わってしまいました」と敗戦への悔しさをにじませた。

 それでも熊谷は「ここで終わりではないので、次へ向けて良い準備をしたいです」と、27日の最終節チリ女子代表戦に目線を向けている。グループステージ突破のかかる大一番に向けて、「勝ち点3を取ることだけを考えていきたいです。点を取るしかないし、当たり前のことですが、失点しなければ負けない。次は勝たないといけないので、どんどんスコアにつながるプレーを準備してやっていきたいです」と意気込みを示した。

 熊谷は地元・札幌で五輪の2試合を戦ったことにも言及し、「特別なものがありましたし、だからこそ今日は勝ちたかったのが正直あります。代表のユニフォームを着て、生まれ育った場所でプレーできたことは光栄なことでした」とコメント。3試合目が行われる宮城で高校時代を過ごした熊谷は、「ゆかりのある場所で五輪ができるので、夢のようなことですが、宮城では本当に勝利ができるように、チーム一丸となっていい準備をしていきたいです」と、改めてチリ戦への意気込みを示した。

関連リンク

  • 7/24 21:59
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます