小3女子が書いた作文に、爆笑! 「面白すぎる」「笑いが止まらない」

拡大画像を見る

実録漫画をInstagramに公開している、こもつ(comotu907)さん。

ある日、部屋の整理中に、小学3年生の頃の作文を発見したといいます。

作文のタイトルは『わたしのじまん』。どうやら自慢できるポイントについて、赤裸々につづった作文のようです。

こもつさんは、実際に書いてあった作文の内容を、漫画化することにしました。

『小3の頃の作文』

『そして』という接続詞の乱用や、突然話題を変える自由奔放なスタイルに、笑いがこみ上げます!

極めつけはオチのないエピソードに、こもつさんは「なんの話?」とツッコミを入れてしまうのでした。

エピソードはネット上で反響を呼び、読者から「面白すぎる!笑いが止まらない」「子供ならではの感性ですね」といった声が寄せられています。

また、作文に対する先生のコメント部分に注目し、「めっちゃ優しい先生だなあ」といった感想も。

大人にはない子供の発想は、面白くて新鮮なものがありますよね。マイウェイをつらぬく、こもつさんの作文は、多くの人を笑わせました!

[文・構成/grape編集部]

出典 comotu907

関連リンク

  • 7/24 18:04
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • しとでの筆跡が先生と同じに見えるけど、ネタ切れで自分で書いたかな?笑 

記事の無断転載を禁じます