伊藤健太郎、恋人・山本舞香と「破局報道」の裏で「地上波NG」!?切られまくっている!!

拡大画像を見る

 2020年10月、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)騒動を起こし、今年3月25日に不起訴処分となった俳優の伊藤健太郎(24)。

 6月5日には、ファンクラブ『GOLONDRINAS(ゴロンドリナス)』の発足と写真展の開催を発表。同月30日にはファンクラブが正式にスタート、公式サイトの立ち上げ、さらには10月に主演舞台が行われることも発表した。

「俳優としてリスタートした伊藤ですが、プライベートでも大きな動きがあったようです。7月20日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が、以前から交際が報じられていた山本舞香(23)と伊藤が別れたと報じています」(女性誌ライター)

 4月13日発売の『女性自身』(光文社)では、山本は家族や所属事務所関係者から伊藤と別れるようにうながされものの、「仕事も恋愛も自分で決めます」と突っぱねたと報じている。

「それから3か月、山本が事件後の伊藤を支えているとの話もあったものの、ついに別れに至ったということでしょうか。『週刊女性』の報道によると、山本はこのまま交際を続けると自身の仕事に影響が出てしまうということで、泣く泣く別れを決意したといいますね」(前同)

■主演作品の告知なのに1秒も映らない!

 プライベートでも新たな局面を迎えていた伊藤。それだけに、仕事は充実させたいはずだが、不穏な話も聞こえてくる。

「7月18日に放送された『ニノさん』(日本テレビ系=以下同)に黒木瞳(60)が出演したんです。黒木は、番組後半で自身が監督を務めた、伊藤の主演作『十二単衣を着た悪魔』のブルーレイとDVDが8月4日に発売されると告知しました。

 そこでは、映画の本編映像も流れたのですが、弘徽殿女御役の三吉彩花(25)、右大臣役のラサール石井(65)、梅命婦役の山村紅葉(60)、春宮役の田中偉登(21)の姿が映る中、主演の伊藤の姿は一瞬も出てこなかったんです」(前出の女性誌ライター)

 黒木は、7月4日放送の『行列のできる法律相談所』にも出演。ここでも『十二単衣を着た悪魔』のブルーレイとDVDの告知が行われたが、本編映像は流れず、作品のパッケージと発売日、タイトルなどの情報のテロップが画面右上に映るのみだった。

「伊藤さんは、5月1日放送の『新・情報7Daysニュースキャスター』(TBS系)でインタビューVTRに出演しています。ただ、このとき伊藤さんはひき逃げ事件について語っており、あくまで報道番組のニュースの一環で、事件の当事者という立場での出演。

 黒木さんが出た番組で行われた『十二単衣を着た悪魔』の告知映像で、伊藤さんの姿がカットされたのは、スポンサーの手前、さすがにまだバラエティ番組に出せないという判断があったからではないでしょうか。主演なのに告知映像でもNGとなると、しばらく地上波テレビに出るのは難しいでしょうね……」(ワイドショー関係者)

 舞台の仕事も決まり、徐々に前に歩み始めている伊藤だが、まだまだ本格的な復帰は遠そうだ。地上波テレビのドラマなどに復帰するには、地道な活動を続けていくしかないのだろう。

関連リンク

  • 7/23 7:36
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • こういう時に普段の人間関係がどうかで違うよね※、良い所が有れば先輩や同僚が「あいつは悪い奴じゃないです!」ってフォローや助け船を出してくれるかも※、つまり「情けは人のため為らず」誰かへの気遣いはブーメランで自分に返って来る!※、逆にいじめや悪態も同様にいつか返って来る※

記事の無断転載を禁じます