おばあちゃんが消えた? 真昼間に女性が消失する映像が話題に(南ア)

拡大画像を見る

7月14日午後、南アフリカのクワズール・ナタール州で地元のタクシー協会会長が「南アフリカ放送協会(SABC)」のインタビューに応じた。「タクシー協会、地域の住民たちで暴動から人々を守っていく」という頼もしい発言をしているのだが、それよりも注目される出来事が起こった。白いコートを着てかばんを手に持った高齢女性が、ゆっくりと画面左から歩いてくる。そして画面半ばでふっと姿が消えたのだ。その消え方は幽霊のように体が透けて、そのまま完全に消えてしまっている。この動画は「おばあちゃんの幽霊だ!」と瞬く間にソーシャルメディアで広まり、「ゴゴ(ズールー語またはコサ語で“おばあちゃん”の意味)が消えた」と話題になった。

しかしこれは、SABCの編集によるものとすぐに判明した。2つの動画をつなげたため、女性が消える現象が起こったのだ。動画をよく見るとインタビューされている男性も少し位置がずれており、後ろにいる人も場所が変わっていたり消えていることが分かる。ただニュースで一度だけ見た人には、白いコートの女性に注意が向いてしまうので消えたように見えたのだ。「ハリーポッターのよう」「15年前に亡くなった祖母のはず」などとコメントが殺到する中で、「編集が下手」という辛辣なコメントも見受けられた。

この動画は多くの注目を集めたが、おばあちゃんの印象だけが強烈に残り、残念ながらタクシー協会会長の話は視聴者の耳には入ってこなかったかもしれない。

画像は『Siba! 2021年7月15日付Twitter「Heeh eeh maan uGogo in the background just disappeared into thin air.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

関連リンク

  • 7/23 4:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます