「我慢強く戦ってくれた」…森保一監督、南ア戦の「反省を生かして」メキシコ戦へ

拡大画像を見る

 U-24日本代表を率いる森保一監督が、22日に行われた東京オリンピック初戦のU-24南アフリカ代表戦を振り返った。

 自国開催で初の金メダルを目指す日本は、ブロックを敷く南アフリカの守備に苦しめられたものの、71分に久保建英がカットインからネットを揺らして先制。この1点を守り切り、辛くも白星発進となった。

 森保監督は試合後、「できればもっとゴールを奪って、もっと楽な試合にしたかったです。初戦の難しさを選手たちは感じながら、なかなかゴールを割らせてくれない中、選手たちは我慢強く戦ってくれました。このことは、また次につながると思います。簡単に、我々が思ったような戦いにならないことは今日の試合でも分かったと思うので、今日の反省を生かして次の試合に臨みたいです」と、難しい試合だからこその収穫があったと語った。

 また、試合前に南アフリカの複数名に新型コロナウイルスの陽性者が出たなかでの対戦となったが、「常に試合があるということで準備をしています。試合がある、ない、相手の状況で惑わされないように自分たちの準備をしていこうと選手たちには話していました」と試合開催が決まったときの状況を振り返った。

 25日には、U-24フランス代表を4-1で下して同じく白星スタートとなったU-24メキシコ代表と対戦。森保監督は、「勝ち点3を取って進めることはチームとしてもいい形で進めます。最善の準備をして、選手が思い切ってプレーできるように、みんなで準備していきたいです」と、次戦への意気込みを示した。

関連リンク

  • 7/22 23:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます