乃木坂46高山一実、卒業を発表

【モデルプレス=2021/07/22】乃木坂46が、グループの新YouTubeチャンネル「乃木坂配信中」にて22日、「乃木坂46分TV」生配信を実施。メンバーの高山一実が卒業することを発表した。

◆乃木坂46高山一実、卒業を発表

番組終盤に改めて登場した高山は「緊張しているので上手く喋れるかわかりませんが」と切り出し、9月22日に発売される28枚目のシングルをもってグループから卒業することを発表。「10年間支えて下さった皆様、ありがとうございました」とファンに感謝した。

続けて高山は「この場をお借りして言えることすごく嬉しいです」「この場での発表っていうのも私の要望を叶えていただいた形です。昔からのスタッフさん、そしてメンバーの皆の前での発表っていうのがすごく安心できるなと思ってこの場を選ばせていただきました」と同配信での発表となった理由を明かした。

さらに、これから開催されるグループの新メンバーオーディションについて「私はこの10年間で本当にたくさんの幸せを頂いて。10年前の夏休みですね、応募して人生が変わって。本当に生まれ変わってもこの人生でいたいなってくらい幸せでした。まだ見ぬ新メンバーの皆がそういう気持ちを手にしてくれるんだなと思うと私もすごく嬉しいです」と自身の加入時を回顧。「最後までまだ2ヶ月くらいあります。皆さんと一緒に過ごせる時間を大切にしたいと思います。今まで本当にありがとうございました」と改めて感謝した。

そして配信中に寄せられたファンからのコメントを受け、高山は「不思議です。活動中じゃない時、家帰って寝る前とかも、私のことを知っててくださる方がいるのかなみたいな。でもSNSとか見ると沢山の方が私のことを考えてくれているのを見て、こんなに幸せで、こんなに幸せな日常手放したくないってめっちゃ思ったりしたんですけど、でも嬉しい。ありがとうございます」と発表までの胸の内を告白した。

◆高山一実の卒業にメンバー涙

同じく配信に参加していた1期生の樋口日奈は、「やっぱりかずみんは同じ1期生だからこそ行かないでって思う気持ちと、10年間いっぱい頑張ったから応援したいなって気持ちもあるんですけどこんなに涙が出るってことは、本当に乃木坂で出会ってかけがえのない存在に自分の中でなってたんだなって思うから残りの時間をいっぱい楽しみたい」と涙。

続けて秋元真夏も「かずみんがいる乃木坂がすごく好きで、楽しい乃木坂を作ってくれてたのって本当にかずみんだったなと思うから、いなくなったらどうなるのかなって全然想像はできないけど、今思うのはこのかずみんと同期で乃木坂に入って活動できた時間って本当に貴重だったしめちゃめちゃ有難いことだったなって。色んなことをかずみんからもらったから、もらったものをこれから入ってくる後輩たちにもしっかり伝えてかずみんが作ってくれた笑顔の乃木坂を引き継いでいきたいなって思います」と涙を流した。

齋藤飛鳥は「ずーはこういう瞬間でも皆を楽しませようとか今喋りながらも本人が1番くるものがあっただろうに笑顔で喋ってくれてるのとか見て、そういうずーの良さとかを皆わかってると思ってるから将来が明るくあってほしいな」とコメント。

2期生の新内眞衣は「いつも否定されるけど、年齢近いからいなくなるの寂しいし、いっぱい背中を見させてもらったから、それを大事にこれからも私たちは活動させていただきたいし、かずみんの最後はすごくいい形で送り出したいと思います。まだまだ思いで作ろうね」と笑顔で呼びかけた。

なお高山は、9月末まで28枚目のシングルのプロモーション活動を行うといい、9月8日(水)~9月9日(木)に開催される「真夏の全国ツアー2021」東京ドーム公演が最後のライブ活動となるとした。(modelpress編集部)

◆高山一実(たかやま・かずみ)プロフィール

1994年2月8日生まれ、千葉県南房総市出身。身長は162cm、星座はみずがめ座。2011年8月、乃木坂46第1期メンバーオーディションに合格。16年4月より雑誌『ダ・ヴィンチ』にて小説『トラペジウム』の連載を開始。同年9月、ファースト写真集『恋かもしれない』を刊行。2018年11月、小説『トラペジウム』で小説家デビューし、2019年2月にセカンド写真集『高山一実写真集 独白』を刊行した。


【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/22 21:49
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます