落ち着いた母を連れて病院へ 医師が下した診断が運命の分かれ道に…【母とうつと私 Vol.12】

※今回の内容は、刺激の強い描写が含まれます。トラウマやフラッシュバックの可能性がある方、不安に思われる方は閲覧をお控えください。■前回のあらすじ
電話口で豹変した母親に異変を感じて帰宅した父親。明らかに常軌を脱した姿に言葉を失います。


■なんとか落ち着きを取り戻し…



■豹変した母に驚く医師当時母が通っていた病院は心療内科でも精神科でもなく、外科の先生が診察を行うクリニックでした。


意味不明なことを話し、一人で笑う母の姿を見た医師は市外の精神病院に行くようにと紹介状を書いてくれます。

しかし実はそれが誤診だったというワケなんですね…。

これが母を更にエラい目に合わせるというか…これがキッカケでまた色々起こるわけです。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/22 21:00
  • ウーマンエキサイト

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます