イーストスタッドがヴァンゴッホを導入 昨年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬

 浦河町のイーストスタッドは22日、昨年のカルティエ賞最優秀2歳牡馬ヴァンゴッホを来シーズンから種牡馬として迎え入れることを発表した。

 ヴァンゴッホは父アメリカンファラオ、母イマジン、母の父サドラーズウェルズという血統。昨年のクリテリウムアンテルナシオナルを4馬身差で制して重賞初勝利をG1競走の大舞台で飾り、今春の愛2000ギニーでも3着に好走している。通算成績は11戦2勝。

 父は日本でもお馴染みのアメリカンファラオで、母イマジンは愛1000ギニー、英オークス優勝馬。おじにジェネラス(英愛ダービー、本邦輸入種牡馬)やオースミタイクーン(マイラーズC、セントウルSなど)がいる血統で近親にはディーマジェスティやタワーオブロンドンがいる名門ファミリーだ。

関連リンク

  • 7/22 18:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます