岡田将生、「客前で内田理央の下を脱がす&ベッドでイキ声披露」の新境地!

拡大画像を見る

 7月11日から、「愛の渦」や「娼年」など衝撃的な作品で知られる劇作家・三浦大輔氏の3年ぶりとなる新作舞台「物語なき、この世界。」の上演が始まった。同舞台では、主演の岡田将生が体当たり演技を見せているという。

「『物語なき─』は、新宿・歌舞伎町を舞台に、10年ぶりに性サービス店で再会した岡田と銀杏BOYZ・峯田和伸演じる同級生2人の身に起きた、ある事件を描く人間ドラマです。今回、作品の舞台が歌舞伎町ということで、冒頭から2人は“バストを触れるパブ”を訪れ、“ハッスルタイム”を体験することに。そこでは、舞台女優演じるキャストたちが上半身マッパとなり、彼らの膝の上に跨ると、岡田と峯田は、そのまま女優たちの生バストを激しく揉みしだくのです」(芸能記者)

 これまでイケメンを生かした2枚目役も多かった岡田だが、今作はインタビューで「30代の今こそ(刺激的な三浦作品の)そっちの世界に…」と語るほど、相当な覚悟を持って難役に挑んだようだ。それだけに今回の舞台では、ファンをクギ付けにする衝撃シーンもあるという。

「舞台では岡田が、直接的な性サービスが受けられる店を訪れるシーンもあります。そこで彼は全身マッパ姿の仰向け状態となり、お嬢から口で愛撫を受けた後、そのまま女性が跨り性的な行為へ。その際、岡田は、お嬢の巧みな腰使いに激しい吐息をあげ、最終的に昇天の雄叫びを劇場に轟かせるのです。また恋人役の内田理央と個室ネットカフェを訪れる場面では、ズボンを脱いだ岡田が彼女のアンダーウエアを脱がし、モッコリ状態でイチャつくという展開も…。今回、そんな岡田による様々な体当たり演技が目の前で見られるとあって、ファンからは『岡田くんが“抜かれる”シーンは必見!』『彼が性サービス店で生々しく昇天するシーンなんてもう一生見られないかも』『美男美女カップルの岡田くんと、だーりおの密室シーンがドキドキした』と反響を呼んでいます」(前出・芸能記者)

 昨今、映画やドラマに引っ張りだこな人気俳優の岡田。今回舞台で披露した大胆な演技は、役者としての評価をさらに高めることとなりそうだ。

関連リンク

  • 7/22 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます