【船橋・習志野きらっとスプリント】重賞初Vコパノフィーリング森泰斗騎手「今日はオーナーに恩返しできて良かった」

拡大画像を見る

 21日、船橋競馬場で行われた第11回習志野きらっとスプリント(3歳上・重賞・ダ1000m・1着賞金3100万円)は、先手を取った森泰斗騎手騎乗の2番人気コパノフィーリング(牝4、船橋・新井清重厩舎)が、直線に入って後続を突き放し、2着の1番人気キャンドルグラス(牡7、船橋・川島正一厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは58秒6(良)。

【森泰斗騎手】
「ちょっとゲートもうるさくて、周りも速い馬だらけだったので、逃げという形は想定していませんでしたが、スタートが素晴らしく二の脚も速かったので、切り替えて逃げになりました。

 返し馬の時点で前走からの上積みはかなりあるなと感じられたので、新井先生はじめ厩務員さん、厩舎関係者の皆さんに感謝してます。

 この勝負服でこのレースということは、だいぶ前、まだまだ僕も若い頃ですが、ラブミーチャンでの恩を感じておりました。今日は(馬主のDr.コパさんこと小林祥晃氏へ)恩返しできたのではないかと。良かったと思ってます。

 まだ僕自身掴みきれてない部分もありますし、どんな競馬がいいのかなど探り探りではあると思いますが、今日の勝ちタイム含めて素晴らしい内容でしたので、この先の期待は大きく膨らみました。短距離路線で活躍して欲しいと南関東に連れてきていただいた馬で、まずは2戦2勝と結果を出せて良かったです。この先は地方馬として、交流重賞含めて活躍してくれると思うので、今後ともご声援下さい」

【新井清重調教師】
「速い馬が多くいたので、番手くらいの競馬になるかなと思っていたんですけど、内枠だったのでうまく出て行ってもらえて良かったです。道中の手応えがいい感じに見えたので、3〜4コーナーを回ったときも(他馬が)来る感じもなくて。今回馬場も速い時計が出ていたので、(そのまま止まらない)と思っていました。

 先ほどオーナーに電話しましたが、今後については中央交流の東京盃とか、馬の様子を見ながらオーナーと相談しつつ、(目指して)いきたいなと思っています。

 このところ船橋の所属の馬がずっと重賞を勝ってきていて、船橋は素晴らしいところだと知っていただき、皆さまにまた見に来てもらって、船橋競馬を応援してもらえたらありがたいと思います」

(取材、撮影:高橋正和、編集:netkeiba.com)

関連リンク

  • 7/22 12:31
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます