鈴木福 大好きな仮面ライダーの“生みの親”役に感無量「最高に楽しいお仕事」

拡大画像を見る

 俳優・鈴木福(17)が22日、都内で、「セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記」の初日あいさつに、内藤秀一郎(25)、駒木根葵汰(21)、知念里奈(40)らと登場した。

 仮面ライダー50周年とスーパー戦隊45周年のダブル記念作で、幼少期から大ファンを公言しているとあって、「僕にとって仮面ライダーとスーパー戦隊は小さい頃からの夢、目標、あこがれで、僕の全てと言って過言でない」と熱弁。鈴木の役柄は「謎の少年」と紹介されていたが、その正体がシリーズ生みの親の漫画家・石ノ森章太郎さんであることが明かされた。

 墓参りしてから撮影に臨んだといい、「石ノ森先生という役をやらせていただくのにプレッシャーはありましたが、『やってやる』の気持ちが強くて」と回想。「ファンとして見てきたからこそ分かる部分、落とし込める部分があったので、楽しくお芝居ができました。この役は最高に楽しいお仕事」と誇らしげだった。

関連リンク

  • 7/22 17:28
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます