三山ひろし 同じ師匠にけん玉4段!競泳の佐藤翔馬選手にエール

拡大画像を見る

 演歌歌手の三山ひろし(40)が22日、都内でカブトムシお渡し会を開催。自身で育て上げた成虫をファンへ譲る恒例イベントで今年で3回目。誕生した183匹をつがい2組ずつ36セットを配った。

 今年は赤カブトも交配。カブトムシを腕に乗せた三山は「誕生は喜びもしんどさも倍以上」と苦労をにじませつつ、「木につかまるカブトのように演歌界でしがみついて悔いないように生きたい」と初心に立ち返った。

 五輪男子200メートル平泳ぎで優勝候補の佐藤翔馬選手は、けん玉経験者で小学時代に三山と同じ師匠に師事。面識はないというが、同じけん玉4段という境遇に「金を獲った暁には一緒にけん玉やりましょう」とコラボを期待。「(けん玉譲りの)粘り強さと集中力があれば大丈夫」とエールを送った。

 佐藤選手と三山のけん玉師匠・けん玉ちばちゃん氏もイベントに同席。佐藤選手が得意としていた、大皿の縁とけん先の間に玉を乗せて静止させる技「うぐいす」を2人で披露し、大舞台へ向かう選手に声援を送った。

関連リンク

  • 7/22 16:05
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます