新開発の立体音響技術搭載! ソニーからホームシアターシステム&サウンドバー新製品

拡大画像を見る

 ソニーは、圧倒的な音の広がりと迫力の「360(サンロクマル)立体音響」を実現するホームシアターシステム「HT-A9」を8月7日に、天井や壁からの反射と独自のバーチャルサラウンド技術で没入感のあるサラウンドサウンドを体験できるサウンドバーの最上位機種「HT-A7000」を8月28日に発売する。

 「HT-A9」は、新開発の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」を搭載し、4基のスピーカーで高い没入感と広大な音場による「360立体音響」の体感を可能にしている。
 「360 Spatial Sound Mapping」は、複数のスピーカーによって広大な音場と臨場感を創出する独自の立体音響技術で、それぞれのスピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクと測定波で計測することで、スピーカーの置かれている空間を把握し、その位置情報に基づいて4基のスピーカーから音波を重ね合わせ、最大12個のファントム(仮想)スピーカーを最適な位置に生成する。
 ファントムスピーカーで囲まれることによって、自身が観ている映画のシーンに入りこんでいるかのような没入感のある音場で、「360立体音響」を体験できる。
 4基のスピーカーは、コントロールボックスとワイヤレス接続が可能で、音場最適化技術によってスピーカーの置かれている空間を把握し、その場所を前提に最適な音響空間を自動で生成できるので、部屋の形状などにとらわれることなく、自由度の高いレイアウトを可能にしている。
 価格はオープンで税込の実勢価格は22万円前後の見込み。
 「HT-A7000」は、天井からの音の反射を生むイネーブルドスピーカーと、独自のバーチャルサラウンド技術「Vertical Surround Engine」によって、高さ方向の音の表現力を強化するとともに、壁からの音の反射で横方向の表現力が得られる、新開発のビームトゥイーターと、フロントスピーカーだけで豊かなサラウンド音場を再現する「S-Force PRO フロントサラウンド」と連携することで、濃密な音の広がりとリアリティ豊かな音響空間を楽しめる。また、設置した部屋の天井と壁の距離を計測するため、すぐに最適化された音響となる。
 本体には、イネーブルドスピーカー、ビームトゥイーターとともに、デュアルサブウーファーを搭載し、計11基のスピーカーを備えている。振動板の面積を拡大させた独自の「X-Balanced Speaker Unit」を採用し、広がりのある高音質と大音圧を実現しており、7.1.2chのサラウンドシステムとして使えるバースピーカーによって、パワフルで迫力ある音響を楽しめる。
 価格はオープンで、税込の実勢価格は15万4000円前後の見込み。

関連リンク

  • 7/22 12:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます