ユダヤ系団体が元ラーメンズ・小林賢太郎氏を非難 五輪開閉会式ディレクター

拡大画像を見る

 米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は21日、東京五輪・パラリンピックの開閉会式でショーディレクターを務める元ラーメンズ・小林賢太郎氏について、芸人時代にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を扱ったコントをしたとして非難する声明を発表した。

 同団体は日本の報道を引用し、1998年のコントでユダヤ人大量虐殺に関する冗談を言ったと指摘。ネット上でも話題となっており、同団体のエーブラハム・クーパー氏は「どれだけ創造的であるとしても、ナチスの虐殺の犠牲者をあざける権利は誰にもありません」としている。

関連リンク

  • 7/22 10:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます