カルディのパン作りキットはド素人でも美味しいパンが焼けるのか? 試してみた!

 パンは店で買うもの――

 これまでそう思って生きてきたのですが、先日、カルディで「バゲットカンパーニュミックス」という製パン用の粉を見て心が動きました。「おうちで簡単につくれるミックスです」と書いてあり、初心者の自分でもできるかも? と思ったのです。

 しかし、パン作りに必要なツールは何ひとつ持っていません。そこで、裏面を見て、とりあえずダイソーに寄って絶対に必要そうな「めん棒」(110円)を買って帰り、さっそくトライしてみました。

 どうやってバゲットを作るのか? 果たしてうまくいったのか? 早速ご紹介していきましょう。

ド素人が果たして美味しいバゲットを作れるのか?

 封を開けると、入っていたのは、ミックス粉(小麦粉、ライ麦全粒粉、塩、砂糖)とドライイーストの粉袋2つだけ。「バゲットってバターとか油脂は要らないんだ」とびっくり。勉強になります。

 さて、作り方です。まず、水130gにドライイーストを溶かし、電子レンジ(500W)で20秒加熱。そこにミックス粉を入れて箸でぐるぐるかき混ぜます。

 生地を軽くこねて丸め、ラップをかけて、電子レンジ(500W)で20秒加熱。そして30分ほど電子レンジの中でほったらかしにします。

 この30分、けっこう長いんですよね。何度か電子レンジの中を覗くと、生地は少しずつ膨らんでいるのがわかります。これは楽しいですね。

 待つ間に、出来上がりをイメージします。カリッとしたバゲット。中にベーコンやハム、クリームチーズ、オリーブなどの具材を入れて、サンドイッチにしよう……などと、生地と一緒に夢も膨らみます。

 そうこうするうちに30分経ったので、めん棒で生地を伸ばしていくことに。

 伸ばした生地を三つ折りにして、さらにコロコロ転がして30cmのバゲットにすべし、とのことですが、うちのオーブンには入らなそうなので4等分に成形してみました。

 成形後、電子レンジ再び20秒加熱し、さらに15分放置。その後、冷凍庫に約10分冷やします。なかなか手間がかかるんですね。加熱したり冷やしたりする意味はよくわかりませんが、加熱で発酵を促し、発酵を止めているのかもしれません。

 最後の工程は、パンをオーブンの天板に移し、生地の上に切れ目を入れて、霧吹きで水を噴霧します。そして、再びオーブンに入れて230度で15~20分焼いていきます。部屋中に小麦の香りが立ち込めます。匂いだけは立派。そして出来上がったのがこちら。

 う~ん……思っていたようなバゲット型にはなりませんでした。やはり初心者。でも、素朴な田舎パンっぽいと思えば、これはこれでいいかも、と自分を納得させます。

 いざ食べてみると、ライ麦の香りが鼻を抜け、外側がパリッとしていて、中は、気泡がきちんと入っている。中は柔らかいし、塩気の塩梅もよくて、噛むほどに、ライ麦の酸味も立ってきて、なかなかイケます。これはクリームチーズとかワインが合いそう。

 そこで、別の日に再びカルディに走り、同じ商品を購入しました。今度は生地にベーコンやチーズ、オリーブを練り込んだバージョンを作りたくなったのです。さっそく再チャレンジ!

 油脂の含んだ具材を入れると、中の生地が部分的にしっとり仕上がり、「ベーコンエピ」のような食感になりました。ツナや茹で卵、ひき肉などを入れても面白いかもしれません。

 パンを作ったことがないという人も、このキットなら失敗しないと思います。ぜひ試してみてください。楽しいですよ。

(撮影・文◎ナナノナノ)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/22 10:50
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます