小池百合子VS丸川珠代の“犬猿バトル”「五輪赤字をなすりつけ」

拡大画像を見る

 大きく膨れ上がった東京五輪の巨額赤字を巡って、「犬猿の仲」の2人がまたもヒートアップ。遺恨を胸に火花を散らす、女丈夫のガチンコ銭闘の幕が開かれる。

 先に燃料を投下したのは丸川珠代五輪相(50)だった。5月21日の閣議後の会見で東京五輪が中止になった場合の損失を問われ、こう発言した。

「都の財政規模を踏まえると、都が補填できない事態は想定しがたい」

 つまり、中止になっても国に費用負担は及ばないと先手を打ったのだ。これを受けて同日の定例会見で小池百合子都知事(69)は、

「想定外の事象が生じた場合は、国際オリンピック委員会(IOC)、政府、組織委を含めて協議が必要になると理解している」

 と、不快感を隠さずに、費用負担は都だけの問題ではないと嚙みつき返した。

 それから約1カ月半が経った7月8日、小池氏はIOC、組織委ら5者協議の後、会見を開き「無観客とする」と発表。そこで再燃したのが赤字問題だ。

 ほとんどの会場で無観客開催となり、見込んでいた約900億円のチケット収入がほぼ消滅。組織委の収支は大赤字となる公算が高まった。財政負担が現実的になったことで、早くも国と都が貧乏くじを押しつけ合う事態に発展している。

 8日夜に都幹部が小池氏に代わって、「関係者で十分協議したい」と答えると、翌日に政府高官が協議に応じない意向を示し、都の主張を突っぱねてテーブルの席に着くことさえ拒否している。

 小池氏と丸川氏の主張はどちらに分があるのか。政治評論家の朝倉秀雄氏はこう説明する。

「五輪招致時の立候補ファイルでは、組織委が赤字に陥った場合は都が負担し、補塡しきれない時は国が支援するとなっています。そのため、赤字補塡の責任は都にある。それを小池氏もわかっていながら、都の公金を使いたくないので、できれば国に持たせたいという腹なのでしょう」

 今のところ、それ以上はこの件に関してお互い口を開いていないが、7月11日放送の「日曜討論」(NHK)に東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長(78)が出演。その際、五輪の無観客開催は小池氏の決断であることを強調し、丸川氏を援護射撃する形になった。

 しかし、小池氏がこのまま黙っているとも思えず、閉幕後になすりつけバトルが再燃する可能性は十分あり得るだろう。

 そもそも2人の犬猿の仲は周知の事実。今年4月にも大会開催時の医療体制について丸川氏が、

「そろそろ大会を開催する当事者としてどのようにするおつもりなのか、お示しいただきたい」

 と強い口調で都の対応を非難。担当者を通じて2週間前から確認を求めていたのに、一向に返答がないとイラ立ちを見せたのだ。

「それを受けて会議前に記者団に対応した小池氏は、『調べております』と怒りを押し殺し、無表情で答えました。ギスギスした空気はマスコミもヒヤリとするほどです」(都政担当記者)

 2人の因縁は16年都知事選から始まり、丸川氏が自民党候補を応援した際、小池氏を激しく批判したことで亀裂は決定的となった。

 それから、丸川氏が前回の五輪担当相の時に再び相まみえる。17年5月に競技会場の費用分担を巡って対立し、つばぜり合いが繰り広げられた。そして、小池氏にとって許しがたい発言が飛び出したという。

「大筋合意後に丸川氏が、費用分担の決着がずれ込んだのは小池氏の責任として、『都の方から、ちょっとお待たせしました、これから一緒にやりましょうと言っていただければいい』と挑発したんです。これに小池氏は苦笑いを浮かべ、『よくわかりません』と一蹴しましたが、かなり根に持っているようです」(都政担当記者)

 金とプライドを懸けた5年越しのキャットファイトは、どんな決着を見せるのか。

関連リンク

  • 7/22 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます