超ド級の「因果応報」食らった小山田圭吾 ホリエモン「一生公の場でできない」アーティスト生命終了の地獄展開 

拡大画像を見る

 過去の悪事は必ず報いを受ける――。小学生に「因果応報」を教えるのに、これ以上ない“生きた題材”となったのが「コーネリアス」小山田圭吾の転落劇だ。1990年代の若者文化の象徴としてフューチャーされてきた御仁で、2000年代に突入してもコアなファンに支えられ、悠々自適に創作活動を続けてきた。

 その小山田に東京五輪・パラリンピック開会式の楽曲制作という大役オファーが舞い込んだ。小山田は二つ返事でこれを受諾。今月15日に満を持して発表されたが、直後に過去の“いじめ自慢”が凄まじい勢いで拡散され、大炎上した。

 集中砲火を浴びたのは「ロッキング・オン・ジャパン1994年1月号」(ロッキング・オン)と「クイック・ジャパンヴvol.3」(太田出版)での告白記事。小学校時代に障がい者の同級生を跳び箱の中に閉じ込めたり、マットレスでぐるぐる巻きにして窒息寸前にしたり、挙句は汚物を食べさせ、バックドロップしたことなどを得意げに話していた。

「以前からこの告白記事は話題となっており、小山田は『クズ』『サイコパス』認定されていたが、知名度の問題でそこまで大きな騒ぎにはなってこなかった。しかし五輪という世紀のビッグイベントに名を連ねられては、そうはいかない。小山田のことを知らない人が“初見”でいじめ自慢に触れたことで、消すことのできない“地獄火”状態となった」(スポーツ紙芸能担当記者)

 小山田は16日に「とても愚かな自己保身であったと思います。学生当時、私が傷付けてしまったご本人に対しましては、直接謝罪をしたいと思っております」などと声明を発表したが、後の祭り。18日には知的障害者の権利擁護と政策提言を行う「全国手をつなぐ育成会連合会」が公式サイトで「あれだけ露悪的なインタビューが公表されているにもかかわらず、なぜ小山田氏が自身を『いかなる差別も禁じる』としている五輪憲章を掲げるオリンピック、そして障害者アスリートの祭典であるパラリンピックの楽曲提供を担当するに相応しいと考えたのか、理解に苦しみます。同様に、そのような小山田氏を起用し、今般の事案を踏まえても留任させる決断をしたにも関わらずまったく公式な説明を行っていない東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会には、重い説明責任があります」と猛批判した。

 結果、小山田は19日、ついに辞任に追い込まれた。関係者の話を総合すると、五輪組織委員会は任命責任を問われることを恐れ、続投方針でいたが「官邸筋から『小山田を切れ』と強烈なプレッシャーがかかったと聞いている。おそらく菅首相だろう」(政界関係者)という。最後は首相まで動かしたのだから、小山田には手に負えないほど事態は大きくなっていた。

「完全に因果応報。辞任したからOKではなく、小山田のアーティスト生命は完全に断たれた。このご時世、差別やいじめはご法度。しかも相手が障がい者ということでイメージが悪すぎる。ここまで炎上した人物をクライアントが起用するわけがない。これまでの名声を失い、限られたファン相手に細々とライブをやっていくしかないのではないか」(音楽関係者)

 プライベートの小山田は2000年に元ミュージシャンの女性と結婚したが、2012年に離婚。子供は1人で、バンド「Sure Shot」のメンバーでモデルの小山田米呂(まいろ)がいる。父親の騒動後、米呂はツイッターの更新がストップするなど、子供の活動にも影響が及んでいる。

 実業家の堀江貴文氏は19日、ツイッターを更新。一連の騒動について「たぶん小山田圭吾を起用した人は彼の過去を払拭しようとチャレンジしたんだと思うけどもう、年齢的に一生公の場では何もできなくなったってことが確定したんだと思います」と投稿。冷静な分析で知られるホリエモンをして“終わった”と判定された。小山田にとっては「悪夢の5日間」になってしまったようだ。

  • 7/21 7:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます