藤井聡太王位 兵庫名物でパワーチャージ 第3局有馬対決はほぼ互角で2日へ

拡大画像を見る

 将棋の藤井聡太王位(18=棋聖との二冠)が、豊島将之竜王(31=叡王との二冠)の挑戦を受ける王位戦第3局が開幕。ほぼ互角のまま66手目を豊島竜王が封じ、2日目に指し継がれた。

 通算2勝7敗の強敵を迎え撃つ藤井王位は、第1局は完敗、第2局は逆転勝ちし、1勝1敗のタイで有馬対局を迎えた。19日が誕生日の藤井王位は、19歳初対局だ。共に薄い青が基調の和装で登場し、先手の藤井王位は得意の角換わり腰掛け銀を選択。午前中に54手までハイペースで進んだが、一転し午後は考える展開が続いた。

 勝負飯には藤井王位が「三田牛と淡路玉葱焼き膳」、豊島竜王が「国産うな重膳~有馬山椒と共に~」を選択。兵庫名産に舌鼓を打って、エネルギーをチャージした。

関連リンク

  • 7/22 5:59
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます