BiSH、大阪城ホール公演でオールラウンダーっぷり見せつける

拡大画像を見る

“楽器を持たないパンクバンド”BiSHが、7月20日(火)・21日(水)の2daysで、2019年9月23日 “And yet BiSH moves.”以来BiSH 2度目となる大阪城ホールでのワンマンライブ「BiSH SPARKS “My BiSH Forever” EPiSODE 6」公演を開催した。




今年の5月に名古屋で行われた「BiSH SPARKS "This is not BiSH except BiSH" EPiSODE 4」日本ガイシホール公演同様、OP映像からスタート。
1曲目の「BiSH-星が瞬く夜に-」では、アリーナ席を囲む花道をメンバーが駆け巡りながら登場。続けて、「stereo future」「プロミスザスター」「GiANT KiLLERS」「DEADMAN」等、ライブの定番曲を立て続けに披露した。


また、8月4日(水)に発売となるMajor 4th Album『GOiNG TO DESTRUCTiON』収録曲の「ZENSHiN ZENREi」や、「in case...」に加えて、新曲「STACKiNG」もライブ初パフォーマンスとなった。


ライブ中盤ではBiSH恒例のコントも披露され、大阪をネタにハシヤスメがたこ焼きになってしまうタイムリープコントで会場を笑いの渦に巻き込んだ。そんな賑やかな雰囲気から一転し、「TOMORROW」のパフォーマンスで会場の空気をガラッと変え、BiSHのオールラウンダーっぷりを見せつけた。


また、MCではアユニ・Dが、「目と目を合わせてライブをすることが難しくなってしまったけれども、あなたたちと私たちはいつも同じ空の下で生きています、これからもお互い歴史に交わりあって生きていきたいです。そんな想いがぎゅっと詰まった歌を聴いてください」と語り、自ら作詞を手がけた「STAR」を披露。そして本編最後には「beautifulさ」で会場が一体となり、客席のボルテージは一気に最高潮となった。


会場を埋め尽くした清掃員(BiSHファンの総称)から大きな拍手と歓声を浴び、アンコール最後には「ALL YOU NEED is LOVE」を披露し、大阪城ホール公演は幕を閉じた。


そんな本公演のアフタームービーがBiSHオフィシャルツイッター・YouTubeアカウントにて公開されているので、是非チェックしてみよう。




関連リンク

  • 7/21 23:44
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます