なでしこ指揮官がカナダ戦を振り返りコメント「勝ち点1をプラスにとらえて」

拡大画像を見る

 なでしこジャパン(日本女子代表)を率いる高倉麻子監督がカナダ戦後のインタビューに応じコメントした。

 なでしこジャパンは21日、東京オリンピック女子サッカー競技のグループステージ第1節でカナダ代表と対戦した。6分に先制を許したが、84分に岩渕真奈のゴールで振り出しに戻すと、その後はお互いネットを揺らすことができず1-1の引き分けに終わった。

 同監督は試合後のインタビューで「初戦なので、非常に難しかったです。前半に失点したくはなかったですが、追いかける形になり、少し重く、苦しくなりました。ただ、自分たちのリズムを作れず、(ハーフタイムで)人と人の距離を調整して後半に入り、自分たちのリズムでできる時間が増えたと思います。なんとか粘り強く戦ってくれたので、勝ち点1をプラスにとらえて次への準備をしたいです」と試合を振り返った。

 同点弾を沈めた岩渕については「なかなかチャンスをたくさん作れなかった中で、あのワンチャンスで決めてくれたのは頼もしいですが、(チームとしては)まだまだなので、振り返ってこれからやっていきたいと思っています」と言及。続けて「一番高いところに向かっていきたいと思いますが、1試合1試合難しい試合になると思うので、しっかり準備したいです」と目標を語った。
 

関連リンク

  • 7/21 22:39
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます