益若つばさ、新型コロナワクチン副反応で高熱 MC番組は欠席

【モデルプレス=2021/07/21】モデルの益若つばさが21日、自身のTwitterを更新。新型コロナウイルスのワクチン接種後、副反応が出たことを明かした。

◆益若つばさ、ワクチン副反応で高熱

「モデルナワクチン1回目を打ちました」とワクチン接種を報告した益若は「夜中から39.4度の高熱と腕の痛みが出てしまいました。当日熱が出るのは1%と読んだのですが選ばれてしまいました」と発熱したことを明かし、39.4度を示す体温計の写真を添えた。

益若は「普段35度台しか熱がないので人生初めての経験です」と明かし「解熱剤を飲んで寝ています」とつづっている。

また、ワクチン接種を控えるファンに向けて「ワクチン打つ時は解熱剤と冷えピタやアイスノン、ポカリスエット、OS1など用意しといた方がいいと感じました。とにかくずっと寝ていますが熱が上がったり下がったり悪寒や頭痛もします。これから接種するみなさんもお気をつけてください」とアドバイスをしている。

◆益若つばさ、副反応の高熱でMC番組欠席

同日放送のABEMAのニュース番組「ABEMA Prime」(月~金よる9時)にMCとして出演する予定だった益若。

「ギリギリまで粘ったのですがまだ熱が引かず、欠席させていただきます。ご迷惑をおかけして本当に申し訳ありません」と欠席を報告している。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/21 20:47
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます