NHK五輪中継「嵐 櫻井翔」表示にファン歓喜「涙腺決壊」「感動だよ」「ありがとう」

拡大画像を見る

 嵐・櫻井翔が21日、東京五輪ソフトボール・日本-オーストラリアを中継したNHK五輪番組に、競泳金メダリスト・北島康介氏と出演した。

 同試合から五輪競技がスタート。櫻井は冒頭で「アスリートのみなさん、それを支える方々、スタッフ、そしてこの東京大会開催に全力を尽くしてきた皆様のことを思うと、さあ!いよいよ始まるなという思いが高まってまいりました。4年に1度の大会の中で、一生に一度の挑戦となる選手だって少なくなりません。そんな熱い闘いを熱い思いを乗せて届けていきたいと思っております」と挨拶した。

 テロップでは「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送 スペシャルナビゲーター」との肩書きとともに「嵐 櫻井翔」と表示された。

 ネット上では、ファンからはこの表記を喜ぶ投稿が相次ぎ「嵐 櫻井翔という表記 NHKさん ありがとうございます」「なんかもう分かんないけど涙出てきた」「嬉しい」「『嵐 櫻井翔』って紹介されている」「出た瞬間に涙腺決壊」「感動だよ」「NHK 嵐 櫻井翔の表記が尊い」とのコメントが相次いだ。

 グループが昨年いっぱいで活動休止して以降、「嵐」として紹介されることが少なくなっていたとのコメントもみられ、「本人の希望もあるだろうから、やはり嵐が付くとうれしい」「活動休止中でも、オリンピックは『嵐』としてのお仕事」「こんなに嬉しいと思ったの初めて」との投稿が続いている。

関連リンク

  • 7/21 19:12
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます