【2021】フードデリバリーサービスのおすすめ13社を徹底比較!お得なクーポン情報も

拡大画像を見る

飲食店の営業自粛やリモートワークの推奨により、フードデリバリーの市場規模は著しく拡大しています。日本で人気のフードデリバリーサービスはUber Eatsや出前館などがありますが、他にも注目のサービスがたくさん。この記事では各サービスの特徴を比較しながら解説していきます。ぜひ参考にしてみてください!


おすすめのフードデリバリーサービス13選


pixta.jp


フードデリバリーサービスの市場は拡大を続け、昔に比べて注文できる料理のジャンルやお店の数も圧倒的に増えました。日本で人気のUber Eatsや出前館、menuなどの他にもたくさんのデリバリーサービスが日本各地でサービスをスタートさせています。

【日本で展開するフードデリバリーサービスと特徴】
Uber Eats現代のフードデリバリーサービスの先駆けmenu大手チェーン店からミシュランの星付き個人店までさまざまなジャンルの料理を扱う
テイクアウトのお店も検索できる出前館日本最大級の出前専門サイト、加盟店は大手チェーン店が多いデリズ複数のブランドの料理を1度に注文できる、「翌月後払い」ができるWolt地域に根付いた有名店が多くラインアップされている
好感度の高いアプリフードネコサービス料無料、1.5kmまで基本料金無料、最低注文金額ナシ(500円未満の場合、手数料が発生)Chompy各レストランの店長の顔と店長のおすすめメニューが見れる
グループ注文で配達料を自動割り勘フードパンダAIを駆使し無駄を省いた配達システム楽天デリバリー楽天ユーザーにとって使い勝手が抜群DiDi フード登録後の注文開始が簡単fineDine丁寧でよりスピーディーな配達、馴染みのある有名店が多数加盟しているanyCarryTwitterやLINEを使用したクーポンや案内の配布、異物混入を防ぐシステムシャショクル弁当のセレクトショップのような存在
オフィス内までデリバリーしてくれる
一言で「フードデリバリーサービス」と言っても各ブランドごとに様々なサービスがあるので、1つずつその特徴を見ていきましょう。


1. Uber Eats



「Uber Eats」は2016年に日本に上陸した米国発のフードデリバリーサービスです。

2021年5月には「Uber Eats」の登録店舗数が10万店を突破しました。(※"Uber Eats 公式HP"情報参照)お店に属していない専用パートナーが配達をするという新しい発想のもと、現在では街中で「Uber Eats」の配達員を見かけない日はないほど人気になりました。

「Uber Eats」の配達システムは下記の通り。


「Uber Eats」より配達パートナーが発注を受ける


配達パートナーが指定のお店で商品を受け取る


配達パートナーがお届け先まで届ける


注文した料理の配送状況はアプリで確認できるので安心です。


Uber Eats愛用者におすすめの「Eatsパス」


pixta.jp


「Uber Eats」では最低発注金額を設定していないため、500円に満たないような低料金の商品も配達してもらえます。ただし配送料と手数料の設定があり、通常のサービス料(注文金額の10%)に加えて、注文金額が700円未満の場合に発生する「少額注文における手数料(150円)」を追加されたので気をつけましょう。

「Uber Eats」を頻繁に利用する!という方におすすめなのが、月額¥980で¥1,200以上の注文の配送手数料が無料になる「Eatsパス」。

2020年8月より開始されたサービスで、万が一気に入らなくても違約金や解約手数料もかからないので気軽に利用できます。30日間の無料お試し期間もあるので、チェックしてみてください。
「Eatsパス」詳細はこちら


Uber Eatsお得なクーポン


pixta.jp


Uber Eatsを初めて利用する方は、初回料金が2,000円割引になるaumo限定のお得なクーポンがあります。注文時に下のプロモーションコードを入力すれば、クーポンを簡単に使用することが可能!Uber Eatsで注文する際は利用してみてください。

キャンペーン詳細
割引金額初回注文 2,000円オフ期限2021年7月23日(金)0:00 ~ 2021年8月8日(日)23:59利用条件初回注文の方クーポンコードJPEATS2000備考最低注文金額なし


Uber Eatsの注文はこちら



2. menu



「menu」はスマホで手軽に料理のテイクアウトやデリバリー注文ができるアプリです。「menu」が始まった直後はテイクアウト専門アプリでしたが、現在ではUber Eatsや出前館と同じようにデリバリーサービスも可能になりました。

全国約35,000以上の店舗が加盟しており、大手チェーン店からミシュランの星付き個人店までさまざまなジャンルの料理の中から好きなものを選べるのが特徴。

注文内容を決める際にはジャンルや配達時間、価格だけでなく、お店の評判でも検索ができるので、何を注文しようか迷ったときは周りの方々の評価を参考にしてみてください。

もともとテイクアウト専門アプリだったということもあり、地域を入力するとテイクアウトできるお店の情報がスマホに表示されるのも魅力の1つ。
外出先や会社で注文をしておけば自宅に帰るついでにピックアップできるので、時間の効率化を重視している方にもおすすめです。


初回限定¥1,500分のクーポンと「menu pass会員」特典


pixta.jp


「menu」の利用が初めての方は、デリバリーで使える¥1,500分のお得なクーポンがもらえます(¥750割引クーポン×2枚)。メイン料理だけでなくデザートを1つ追加しても無料で食べれてしまいそうなお得なクーポンなので、使わない手はありません!

「menu」を使ってみて自分に合ってる!と感じた方は、「menu pass会員」になるともっとお得なサービスを受けられます。
30日間の無料お試し期間もあるので、自分のライフスタイルにあったサービスかどうかをじっくり試してみてください。

「menu pass会員」になると、下記のような特典があります。


"毎回"基本配達料無料


"何度でも"商品代金が5%割引


全員もらえる特別クーポン

「menu」の基本配達料は¥300と少し高めの設定。これが"毎回"無料になるのでお得です。(配達料が¥300以上の場合は¥300引きになります。)
また商品代金が¥1,500以上の場合は"何度でも"5%OFFという特典もついており、いつもデザートやメイン料理の他に+αで注文している方には嬉しいポイントです。

毎月2~3回以上デリバリーを頼むという方にお得な「menu pass会員」。毎月月初に抽選があり、全員¥500~¥10,000のデリバリー専用クーポンがもらえます。¥1,500以上の商品に使えるのでぜひ活用してみてください!


お友達招待増額キャンペーン


pixta.jp


2021年3月15日現在、「menu」では期間限定で「お友達招待増額キャンペーン」を実施中です。

紹介したお友達が初めてmenuを利用すると、お友達は合計¥2,000分割引きクーポン(配達用¥1,000×2枚)、紹介した本人は合計¥10,000分割引きクーポン(配達用¥1,000×10枚)がもらえるというビックチャンス!

「menu」のサービスが気に入ったので友達にも紹介したい!という方は、ぜひ「友達招待クーポン」をお見逃しなく。「menu」利用でおうち時間を楽しく盛りあげましょう!


menuお得なクーポン情報


3. 出前館


pixta.jp


「出前館」は日本最大級の出前専門サイトです。加盟店は全国に60,000店舗以上と日本一の多さを誇り、配達対応エリアが日本全国で広域(一部の地域を除く)。(※"出前館公式HP"参照)

加盟店の中には宅配ピザやお寿司などの大手チェーンが多く、取り扱っている料理のジャンルも幅広いのが特徴です。個人店が少なめという点は気になるものの、大手チェーンのネットワークを駆使した抜群の安定感があるので安心。

また、スピーディーなデリバリーや丁寧な問い合わせ対応など、商品そのものだけでなくサービス向上を心がけているところも好感度を高めています。アプリで現在の配達状況が確認できるのも嬉しいポイントです。


お得なクーポンやキャンペーンが常時用意されている



「出前館だけでしか頼めない!限定メニューキャンペーン」や「初めてのデリバリー注文で100円オフクーポン」など、常時注文者に嬉しいクーポンやキャンペーンが多数発行されているので、定期的に公式HPやアプリをチェックしてみてください。

ログイン登録など最初の一歩がめんどくさいと感じる方でも、LINEアカウントがあれば簡単に「出前館」にログインできます。LINEポイントも利用できるので、まずは気軽に、今使っているLINEから「出前館」を検索して始めてみましょう。


出前館お得なクーポン情報


4. デリズ



「デリズ」は株式会社小僧寿し100%子会社のフードデリバリーサービスです。

一般にデリバリーと聞くと1つのお店からしか注文できないのでは?と思う方もいますが、「デリズ」では複数のブランドの料理を1度に注文できるという利点があります。
家族で集まったり少人数でホームパーティーをする際にも、周りを気にせずに自分の好きな料理を頼めるのが魅力。

「懐食みちば」道場六三郎氏や「赤坂四川飯店」陳 健一氏など、有名店とのオリジナルコラボ商品もあるので食にこだわるグルメな方にもおすすめです。


他社にはない決済方法「翌月後払い」


pixta.jp


「デリズ」の決済方法は「現金払い」「クレジット決済」「QRコード決済」「翌月後払い」の4つの方法の中から自由に選べます。

他社にはない魅力の1つとして注目すべきは「翌月後払い」(2020年11月より大阪エリアでは利用停止)ができるという点。
特に毎月複数回サービスを利用する方には「毎度の決済がめんどくさい」「毎回いくら使ったか覚えておくのが億劫」といった手間が省けるのでおすすめです。

「翌月後払い」の標準決済方法は、「毎月月末締め」「翌月の支払い期限までにコンビニで支払い」なので毎日の生活の中で簡単に組み込むことができます。
もちろん、コンビニ支払いも面倒という方には口座振替にも変更できるので、公式HPを確認してみてください。

また「配達料が1件につき¥100」と設定が決められていたりLINEで気軽にお友達登録できるので、サービスの始めやすさも嬉しいポイント。
仕事の繁忙期や体調不良の時など、料理を作る時間がない時のために前もってLINEでお友達登録しておくのも良いアイデアといえるでしょう。


デリズお得なクーポン情報


5. Wolt


wolt.com


「Wolt」は北欧フィンランド発の外資系フードデリバリーサービス。世界110都市以上で展開しており、日本では東京や北海道、広島など一部の地域でサービスを開始しています。

かわいいロゴとラッピングカーが印象的で、街中を走れば人々の目を引くこと間違いなし。2020年12月現在、加盟店全国約27,000店舗と日本でも着実に事業拡大中の注目フードデリバリーサービスです。

特徴は、大手チェーン店よりも地域に根付いた有名店が多くラインアップされている点。
配達状況をリアルタイムでアプリに反映させ、料理が届く時間や変更を随時お知らせしてくれます。


好感度の高いお客様目線のアプリ


pixta.jp


お客様目線のアプリは好感度が高く、「待っている間にミニゲームができる」といった遊び心あふれるアイデアが盛り込まれています。

Woltスタッフの記録を破ることができれば配達基本料が無料となるトークンが付与されるので、ぜひ待ち時間に挑戦してみてください。料理の到着まで何度でもチャレンジでき気分転換にもなるので、気が向いた方は記録更新を目指してみましょう!


6. フードネコ


foodneko.com


「フードネコ」は2020年12月にサービス開始したばかりの韓国発フードデリバリーサービスです。

「フードネコ」を利用するメリットとして下記の5点があげられます。


電話やメッセンジャー、メールなどのツールをつかってのサポートを受ける事ができる


サービス料無料


基本配達料無料(1.5kmまで)


最低注文金額ナシ(ただし 500円未満の場合、手数料が発生)


特に初めてフードデリバリーサービスを利用する方は、分からない事や心配に思う点もあります。そんな時に機械ではなく人が対応してくれるのは嬉しいポイント。「フードネコ」ではサービス料が無料なので、誰でも気兼ねなく問い合わせることができます。

また配達員のトレーニングや配達員をサポートする「サポートセンター」を設けていたり、より確実なサービスを提供するための場がしっかりしているので安心です。

「フードネコ」サービスはまだ東京の一部のエリアのみなので、今後の拡大を楽しみにしていましょう!


7. Chompy


pixta.jp


「Chompy」は日本発のフードデリバリーサービスです。ピンクを基調としたポップで可愛らしいロゴとデザインは、その馴染みやすさが若い世代を中心に人気。
2021年3月現在加盟店は約150店舗で、大手と比べる数は少ないですが渋谷区を中心に広がりをみせています。

「Chompy」のサイトやアプリでは、各レストランの店長の顔と店長のおすすめメニューを見ることができます。どんな雰囲気の人が料理しているかを知るだけで親近感を感じられるもの。文字だけでなく、視覚から得る直観力で注文内容を選んでみるのも面白いかもしれません。


グループでお得な配達料「割り勘」システム


pixta.jp


「Chompy」では「グループでまとまって注文すると配送料がグループメンバー間で自動的に割り勘になる」というシステムを導入しています。
"友人や同僚と一緒に注文する"という共同作業が生まれ、料理を選ぶところから楽しさを感じることができるので、1人でいるとつい食事を忘れがちになってしまう方にもおすすめです。

「Chompy」の配達員はベテランばかりなので、「料理を乱暴に扱われてしまったらどうしよう」といったストレスもなく安心。

招待した人は¥500、招待された人は¥1,000分のクーポンがもらえるお得な「友達招待キャンペーン」があるので、興味のある方は公式HPやアプリをチェックしてお得に利用してみてください!


8. フードパンダ


pixta.jp


「フードパンダ」は2020年9月にサービスがリリースされたばかりのドイツ発のフードデリバリーサービスです。可愛らしいパンダのマークはシンガポールでスタートしたことが由来。

2021年現在、日本では15都市で展開がスタートしています。

「AIが近くにいる配達員を見つけて配達を依頼する」という最新技術を利用した配達システムは、ムダを省いた配達が丁寧で速いと人気。サービススタッフの教育にも力を注いでいるのも魅力です。


9. 楽天デリバリー


pixta.jp


「楽天デリバリー」は楽天グループが運営する出前・宅配ポータルサイトで、現在約12,000店のお店が加盟しています。特徴は、大手チェーン店が多いこと。

ネット通販サイトで有名な「楽天」の傘下にあり、サイトが見やすく、配達時間や最低発注金額、付与される楽天ポイントが一目でわかるなど、楽天カードユーザーには使い勝手抜群。

貯めた楽天ポイントはショッピングでも利用できるので、日頃から無理なく楽天ポイントを貯めていきたい楽天利用者に特におすすめのデリバリーサービスです。

また「はじめての注文をアプリから行うと楽天ポイントが3倍貯まる(上限200ポイント)」キャンペーンを毎月開催しています。これか「楽天デリバリー」を始めようと思っている方は、公式HPをチェックして期間中に始めてみてください。

ただし、過去に楽天デリバリーサービスを注文されたことのある方は、アプリ注文初回でも対象外となるので気をつけましょう。


10. DiDi フード


pixta.jp


「DiDi フード」は、中国の北京にある滴滴出行 (ディディチューシン)が展開する中国の大手配車サービスから派生したフードデリバリーサービス。日本では2020年大阪を皮切りに2021年より福岡や兵庫でもサービスがスタートしており、加盟店は約2,500店舗です。

「DiDi フード」は初回登録後、注文を開始するまでの手軽さが魅力。電話番号とSMSで届いた番号を入力するだけですぐに注文することができます。
また2020年4月にスタートしたばかりなので、多くのクーポンが発行される傾向にあるのが嬉しいポイント。ぜひ試してみてください!


11. fineDine


pixta.jp


「fineDine(ファインダイン)」は、宅配寿司の最大手「銀の皿」を運営している株式会社ライドオンエクスプレスホールディングスが運営しているフードデリバリーサービスです。
"最短30分でできたてのお料理をご自宅やオフィスにお届け"というスローガンを掲げ、丁寧でよりスピーディーな配達をこころがけています。

もともと宅配寿司サービスをしていたことから宅配サービスのノウハウが豊富で、配達時間が限られているものの安心してサービスを利用できるのでおすすめです。
【配達時間】
平日11:00~14:00、16:30~22:00/土日祝11:00~22:00

「ファインダイン」では店選びに注力しており、「グリル満点星」や「焼き肉トラジ」などみんなが知ってる馴染みのある有名店が多数加盟しているのも魅力の1つです。


12. anyCarry


pixta.jp


「anyCarry(エニキャリ)」は2019年12月にアプリを発売し、渋谷エリアを中心に提供しているフードデリバリーサービス。

大きな特徴は下記の3点です。


TwitterやLINEを使用したクーポンや案内の配布


異物混入を防ぐシステム


土砂降りの日でも確実に配達


「エニキャリ」の公式TwitterやLINEに登録すると、不定期にお得なクーポンの案内が届くようになります。雨の日に注文すると¥500オフになる「雨の日クーポン」といったお得な情報がたくさんあるので、ぜひフォローしてみてください。LINEのお友達登録だけでクーポンが貰えるので、今後サービスの利用を考えている方にもおすすめ。

土砂降りの雨の日の注文でも各エリアに配置されたドライバーがアサインされ、各レストランやカフェの世界観を壊すことなく料理を確実に届けてくれるので安心です。

また異物混入を防ぐシステムを導入しているのは革新的。何らかの原因で配達途中に商品が開封されてしまった場合、"開封済"の表示が出るような容器を使って配達してくれるので信頼の厚いサービスといえるでしょう。


13. シャショクル


pixta.jp


「シャショクル」は、リーズナブルに食べられるお弁当や有名店のお弁当などを"食のセレクトショップ"のように幅広く取り揃え、オフィスや社内に届けてくれるフードデリバリーサービスです。

各企業のリクエストに応じて常時5種類~15種類のお弁当を働く場所まで届けてくれるので、仕事の合間の休憩時間を有効活用できると人気。
お弁当の価格も¥500~¥1,500程度と幅が広く、普段より少し贅沢なお弁当を食べてモチベーションをアップさせたい時にもおすすめです。

「土用の丑の日」や「十五夜」など季節に合わせたフェアも開催しているので、お弁当とはいえ季節感を盛り込んだ豊富な品揃えでオフィス内のランチタイムを演出してくれるのが魅力です。


フードデリバリーを選ぶ時のポイント


pixta.jp


フードデリバリーの需要が高まっている昨今、サービス内容も多様になってきています。下記のようなポイントをチェックしながら、自分に合ったサービスを選んでみてください。



配達エリア


加盟店の数


配達時間


配達料金


アプリ/サイトの使いやすさ


クーポンの発行頻度


フードデリバリーサービスを利用する上で重視するポイントは人それぞれ。今回の記事の中でご紹介したサービスは手軽に始められるサービスが多いので、気になったサービスをいくつかピックアップして試してみると良いでしょう。


お気に入りのフードデリバリーサービスを見つけよう!


pixta.jp


今回の記事ではおすすめのフードデリバリーサービス13選をご紹介しました。忙しくておうちで料理が作れない時や家族や友人とお気に入りの料理を楽しみたい時、温かくて美味しい料理を届けてくれるサービスがあれば時短でき時間を有効活用できるのでおすすめ。ぜひ、この記事を参考にして自分のお気に入りのフードデリバリーを見つけてみてください!

  • 2/16 9:40
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます