星野源、過去の失恋振り返る「思い出をアップデートするのは良い事」

【モデルプレス=2021/07/21】歌手で俳優の星野源が20日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「星野源のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/毎週火曜深夜1時~)に出演。過去の失恋を振り返った。

◆星野源、過去の失恋振り返る

上京し、一人暮らしを始めたばかりの頃に住んでいたという阿佐ヶ谷を16年ぶりに訪ねたことを明かした星野。

街の様子は変わっており、当時の出来事を思い出すために「暗い思い出がある場所を探し彷徨っていた」ところ思い出深いアパートを見つけたと明かした。

星野は、当時思いを寄せていた、そのアパートに住む女性とデートの約束をしていたものの「友達とキャンプに行く」と、約束を断られたという。

しかしその日、アルバイトが終わり深夜に星野がその女性の家を通ると「窓からその子の声がした」といい「キャンプは泊まりだって聞いてたのに、男の人とその子が楽しそうに話してて。とにかく近くの本屋に行ってキャンプ雑誌を買って、その子の家のドアの前の床に叩きつけて帰ってきた」と、過去の失恋を語った。

「嫌な事とか辛い事があった場所ってずっと嫌だと思ってたの。なるべく行きたくないなって思ってたのに、そこを見つけた時嬉しくて嬉しくて」とアパートを見つけた瞬間を振り返った星野。

「思い出をアップデートするのは良い事なのかもしれないと思った」と阿佐ヶ谷を訪ねた感想を語った。

◆星野源の失恋エピソードに反響続々

ファンからは「切ない話だった」「今となっては良かったのかもしれない」「笑い話に出来るの素敵」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/21 18:26
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます