じゅんいちダビッドソン、ドッキリ番組の“ド正論”対応が大絶賛!

拡大画像を見る

 お笑いタレント・じゅんいちダビッドソンが、7月18日放送のドッキリ番組「うわっ!ダマされた大賞 夏の2時間SP」(日本テレビ系)に出演。仕掛け人として登場した女優の木村多江に正論をぶつけ、“神対応”と評判になっている。

 今回のドッキリでは、控え室でマネージャーの不手際を叱る木村の声を聞いたダビッドソンが、木村から「女優としてイメージが悪くなるので、このことは絶対に他言しないでほしい」「『聞いてしまったこと他言しません』と一筆書いてほしい」と迫られ、どのような対応をとるかが見物になっていた。

「隣室でマネージャーを叱りつける木村の迫力に何事かと聞き耳を立てたじゅんいちでしたが、木村のあまりの激怒ぶりに爆笑のリアクションを連発。その後、部屋にやってきた木村から『他言しないでほしい』と頼まれると、一度は首を縦に振るも、木村から『なんか言っちゃいそうだもん』と逆ギレされると、『申し訳ないんですけど、言う言わないの前に、初対面の人間の楽屋に入ってきてわーわー言って。失礼極まりない』とピシャリ。また、木村から一筆求められた際も、『申し訳ないという気持ちがあるのであれば、出て行ってもらっていいですか?』と、大女優をバッサリ切り捨てたんです。視聴者からは『ドッキリ番組の対応としては0点だけど、人として100点』と大絶賛されています」(エンタメ誌ライター)

 ネット上では「じゅんいちダビッドソン正論過ぎてカッコよかった」「大物女優に対して『失礼極まりないです』とハッキリ言えるじゅんいちダビッドソン、スゴいな~」「じゅんいちダビッドソンの好感度がめちゃくちゃ上がったわ。理不尽に屈さないのが素晴らしい!」などと大絶賛されている。

 じゅんいちは18日、自身のツイッターを更新。「あの時実はめっちゃびびって反抗せなやばい!ってテンションになってたから気づかんかったけど、今考えるとあんな狂気を演じれるのは木村多江さんさすが女優さんですよね 間近でええもん見れたんやろうね。木村さんありがとうございました ほんと騙された~ww」とツイート。木村の迫真の演技に感心しきりだった。

 お笑いタレントとしては決して面白みのある反応ではなかったが、きちんと自分の意見を伝えたことで、ファンからの好感度は爆上がり。じゅんいちにとって思わぬ収穫だったのではないだろうか。

(ケン高田)

関連リンク

  • 7/21 17:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます