秋元康が久々にAKB48に本腰!? 『音楽の日』で大逆襲を予感させた「謎の黒マスク」と「超美脚」パフォーマンス

拡大画像を見る

 地上波でしっかりと爪痕を残したようだ。

 7月17日に生放送されたTBS系特番『音楽の日』にてAKB48が9月29日に発売される1年半ぶりとなる新曲『根も葉もRumor』を披露。視聴者からはさまざまな角度から大きな反響があったという。

「同曲は『どえらいダンス』と名付けられているだけあって、かなり激しいロックダンスでした。おそらくAKB48史上最高難度の振付で、視聴者やアイドルファンに、“新生AKB”を印象付けたのではないでしょうか。ネット上では『カッコいい!』『これまでのイメージと違う』といった声が連打され、元メンバーの峯岸みなみも『めっっちゃ良かった!練習量とそれによる自信がすごく伝わったぁぁぁぁ。楽しそぉぉぉぉ』とツイートし、拍手を送っています」(アイドル誌ライター)

 さらに、話題を呼んでいたのが3列目に配置されていた謎の「黒マスク」メンバーだった。

「パフォーマンス中に一人だけ黒マスクで顔を覆っているメンバーがいたことで、視聴者が『誰?』『なぜ?』騒然となりました。顔が商売道具のアイドルが顔を隠していたことで、演出なのか、ワケアリな事情があるのかと判断が付きかねましたが、結論からいえば、プロデューサーの秋元康氏の“仕掛け”だったようです。マスクを着用していたのは、チーム8の大西桃香。『大西やったら喜んでやりそうじゃない?』という秋元氏からのご指名が入ったそうで、大西本人も『インパクトのあるものを与えてもらってありがたいです』『ほんまに嬉しかった』と大喜びでした。2018年のAKB48選抜総選挙では38位に輝いた彼女ですが、最大の武器は水着写真集でも披露しているウエスト53センチの神くびれです。今回のパフォーマンスでも顔は隠していたものの、ウエストはしっかり露出させていたましたね」(前出・アイドル誌ライター)

 そんな遊び心もありつつも、本命のダンスでも「新生AKB」は視聴者をクギ付けにさせていたようだ。エンタメ誌ライターがこう絶賛する。

「昔のAKB48は足がムチムチしていた印象もありましたが、センターの岡田奈々を筆頭に総監督の向井地美音やIZ*ONEの元メンバーである本田仁美など、とにかく全員が美脚揃いなのには驚かされました。ネット上でも『今のAKB48ってみんな足細!』『ひぃちゃん足異次元に細すぎない?』『ちょ…AKBのセンターのお嬢さんの足の細さたるなんたるや…。私の腕じゃん』と驚いた人が多かったようです。最近は『乃木坂に、越されました~AKB48、色々あってテレ東からの大逆襲!~』(テレビ東京系)なる自虐番組がスタートしていますが、坂道グループはロングスカートで足を隠していますから、この美脚は大きな武器になりそうです」

 今やメンバーの顔もわからなくなっている人も多いAKB48だが、冠番組のタイトルどおり、大逆襲が始まりそうな予感だ。

  • 7/21 14:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ケンジ

    7/23 22:10

    大逆襲ね~脚程度で売れるならばグラビアアイドルなんて凄い事になるぞ。要は曲が話題性無いとダメ

記事の無断転載を禁じます