62歳宮崎美子の中学生役に騒然 おぎやはぎ小木「最近かわいい子出てきたなって」

拡大画像を見る

 フジテレビ系「バイキングMORE」が21日、女優・宮崎美子(62)が20日から放送されているマクドナルドの新CMで中学生役を演じ、大きな話題となっていることを取り上げ、スタジオでも絶賛の声があふれた。

 新CMはマクドナルドの日本1号店オープン50周年を記念したもの。宮崎は62歳にして、デートに緊張する女子中学生役を熱演。孫を相手に当時を振り返る祖母役も演じている。

 番組では「当時の銀座1号店を知る世代で、当時の少女と現代の女性を魅力的に演じられる方」として起用されたという宮崎が「髪形が懐かしくて、これで気分は30年くらいは…。あとの10年はぶりっ子な感じの演技と、あと10年は最新技術で何とか。温かい目で見て下さい」と照れ笑いしているメイキング映像も紹介した。

 ネットでも「デビューしたての映像だと思ったら、今の本人が演じていてびっくり!」「少女を演じる姿がミノルタの頃と変わらないのはすごい」「言われなければ40年前の蔵出し映像と言われても信じてしまいそう」などと騒然としていることが報じられたが、スタジオでも驚きの声が飛び交った。

 女優・星野真里が「すーごい、かわいかったです。見てるだけで幸せになる人って、やっぱり憧れるなあと思いました」と笑顔で話すと、MCの坂上忍も「やっぱり美子さんって、パッとテレビに映るの見ると何かほんわかするよね」と、しみじみ。

 おぎやはぎの矢作兼は「去年だか、おととしぐらいに水着になったやつもいいし、ネットで何せたたかれてないってないのがすごいよね。普通たたくからね。人によってはたたかれるよ、やっぱり。だって、たたきたいんだから」と、たたかれやすいネットで好意的に見られていることに感心。小木博明は「僕もう気づかないで見てました。最近かわいい子出てきたなっていう…ぐらいの目で見てました」と最大限の賛辞を送った。

関連リンク

  • 7/21 16:52
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます