★続報!『ドント・ブリーズ2』 日本版ポスター、劇場版予告編&最新スチル公開!

拡大画像を見る

すぴ豊です。 最強にして最凶老人のホラー『ドント・ブリーズ』が 8月13日金曜日、ついに日本公開! 解禁されたばかりの *日本版ポスター *劇場予告編 *スチル写真 をいっきにご紹介します!

日本版ポスター解禁!

まずはポスターをご覧ください。

このコピーからわかるように、
今度はあの老人は”少女”を守るんですね。

この顔の出し方『シャイニング』っぽいですよね(笑)

さらに劇場の予告編です。

前回は、彼の屋敷に忍び込んだ強盗をこの老人がおいつめる
サスペンスでした。
しかし今度は彼がヒーロー??
いやでも”大傑作ホラー”と言っていますから
やっぱりホラーであることは変わりない???

なんとなくスチル写真もアクション・ヒーローっぽいですよね、
『ダイ・ハード』とか、
また『ランボー ラスト・ブラッド』っぽいノリもあります。

『クワイエット・プレイス』と並ぶ音出し厳禁ホラー!

1作目にあたる『ドント・ブリーズ』は2016年に公開されました。
あのサム・ライミ監督が率いるゴースト・ハウス・ピクチャーズが製作し、
サム・ライミはプロデューサーとして参加しています。

スティーヴン・ラング(『アバター』の悪役の大佐です!)が主人公の”盲目の男”を演じます。

若者男女3人が大金を持っていると噂される、盲目の老人の家に忍び込みます。
しかしこの老人は、元・すご腕の兵士で戦闘のエキスパート。
視覚以外の感覚がすぐれ、ちょっとでも音や気配を感じたら相手を倒すことが出来ます。

強盗たちは逆にこの老人に追い詰められる。
ちょっとでも音をたてたり、息遣いが聞かれたら殺されてしまう。
まさに ドント・ブリーズ(息をするな)です。

家に恐ろしい侵入者が来る、というのはホラーの定番ですが
本作は逆。
本来悪党である強盗たちが被害者になり襲われていきます。

ぶっちゃけこの老人は正当防衛なわけですが、実は彼は彼で
とんでもない秘密がある。

多分、この秘密と続編『ドント・ブリーズ2』の少女との関係に
関わってくるのかな?

ホラー映画好きにとって
『クワイエット・プレイス』と並び、音出し厳禁ホラーです(笑)

・『ドント・ブリーズ2』
(原題:DON’T BREATHE 2)
・日本公開表記: 8月13日(金)全国ロードショー
・監督:ロド・サヤゲス 
・脚本:フェデ・アルバレス/ロド・サヤゲス
・製作:フェデ・アルバレス/サム・ライミ/ロブ・タパート 
・出演:スティーヴン・ラング/ブレンダン・セクストン3世/マデリン・グレース

関連リンク

  • 7/20 17:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます