元カレから復縁をせまられ、40代独女が出した答えは?【40代編集部長の婚活記#259】

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/237580/ )

40代の婚活は、まさかの出来事が起こるもの。婚活歴4年11カ月となるのOTONA SALONE編集部長・アサミ(49歳)は、これまでの婚活で100人以上もの男性と出会ってきた。

時は、コロナ禍の前に遡る。交際して約3カ月で別れてしまったジェントルさんから突然の連絡があって再会、いいムードの流れで復縁へ……!?

この話は40代独女の「実名 顔出し」で書いている、リアル婚活改め、パートナーを探す活動=「パー活」ドキュメントである。

【40代編集部長の婚活記#259】

「また一緒にいたい」

ジェントルさんとは、出会ってからお付き合いが始まるまでに約5カ月。お付き合いの期間は約3カ月。別れて連絡を取らなくなって数カ月……。

別れを希望したのは彼で、私はできれば別れたくなかった。過去のお付き合いも、いつも相手が別れを切り出して終了していた。その傾向から考えて、今回だって連絡が来ることも二度と会うことも、絶対にないと思っていた。

そんな彼からメッセージが届いたことだって驚きなのに、いま目の前にいる彼から言われたことは……!

ジェントル「また、一緒にいていただけますか?」

これは、彼自身が復縁したい気持ちってことでいいのよね? そうよね?

 

アサミの答えは……!

ジェントルさんが重ねてきた手に、もう一方の手を私も重ねる。

アサミ「いいんですか? 私で」

いつか、彼が言った言葉を同じように言ってみる。

アサミ「精神的に幼いし、気が利かないし、ジェントルさんに釣り合わないところいっぱいありますけど……いいんですか?」

別れを告げられたときに一番悩んだことは、自分自身の精神的な未熟さ。病気のことがわかった彼を支えられる精神的余裕が私になかった。だから頼ってもらえなかったのだと思う。

それに、結婚、離婚、子育て、介護、海外生活……経験豊富な彼にくらべて、私はあまりに経験不足だとも思った。

本当に私でいいの?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/237580/ )

ジェントル「そのままのアサミさんがいいんです。精神的に余裕がなかったのは僕のほうで」

アサミ「本当に私でいいんでしょうか。私、あのときと比べて成長していないし」

何度も念押ししたのは、うれしい気持ちはあるけれど、たぶんどこか自信がなかったから。

ジェントル「病気のことは落ち着いたし、もう、あんなふうに取り乱したりしませんから」

アサミ「はい。私も成長します」

ジェントル「もう一度、お付き合いしていただけますか?」

アサミ「はい」

 

晴れて、復活LOVE!

ジェントル「よかった。ありがとう」

重ねていた手を一度ほどき、ギュッと握ってきた。緊張感が一気にほぐれてきた。

アサミ「私もうれしい」

ジェントル「いままでのこと、本当にごめんね」

アサミ「こうしてまた会えたから、いいんです」

ジェントル「悲しい思いをさせちゃいましたよね」

アサミ「ううん。私は大丈夫」

そう言った瞬間、目にたまっていた涙がスーッとこぼれ落ちていった。

 

涙の理由は?

ジェントル「泣かないで、アサミさん」

そう言って、ハンカチをサッと取り出し涙をぬぐってくれた。

アサミ「あ、ありがとう。でも、うれし涙です。もう大丈夫」

涙の理由、本当はいろんな気持ちがないまぜになっていた気がする。うれし涙もあるけれど、別れたときの悲しい気持ちを思い出した涙。だけど、それは言わなかった。

ジェントル「ホントに? ムリしてない?」

アサミ「ホッとしたんです」

ジェントル「もう、悲しませるようなことはしないから」

アサミ「はい」

 

小さな嘘をつく

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/237580/ )

いままでと変わりなく、届いた料理を取り分けてくれたり、ドリンクを気遣ってくれたりする。やっぱりジェントルマンなジェントルさん。

ジェントル「そういえば」

アサミ「なぁに?」

ジェントル「どうしてちょっとやせたの? ダイエットしたの?」

アサミ「うん、ダイエット。甘いものをちょっと減らしたの」

本当はジェントルさんとのお別れショックで、ちょっと食欲が落ちたからだったりして……(苦笑)。でも、そんな話をするのは彼を責めるように思えたから言わなかった。さっきの涙もだけど、小さな嘘。

 

まさかのリクエスト!?

ジェントル「やせなくていいんです。もっとお肉ついてていいのに」

アサミ「お腹のお肉がプニプニなんですもの」

プニプニしているのはお腹だけじゃないけれど、一番気にしているのはココ(苦笑)。

ジェントル「いいんです。そのくらいお肉があって」

アサミ「ダメです~」

ジェントル「日本人女性はやせ願望が強すぎます。もっとお肉がついててもいいんです」

アサミ「持ってる洋服がキツくなっちゃうからダメです」

ジェントル「えー、ムチムチしてるのが可愛らしいのに」

 

ムチムチが可愛い

面と向かってストレートに「ムチムチしているのが可愛らしい」なんて…! ときどきジェントルさんの言葉にハッとさせられる。

アサミ「どうしてムチムチがよいと思うの?」

ジェントル「少しくらいムチムチしてるほうがヘルシーじゃないですか。それに女性の場合は、やわらかさが出て魅力的です」

アサミ「なるほど」

確かに一理ある。絵画に描かれている少しふっくらした女性は、やわらかな美しあがある。

ジェントル「大切なのは健康的なバランスです。体質や骨格的に太れないかたもいますから、人によって最適な肉付きのバランスは違いますけど。あなたはもうちょっと太っていいんです」

アサミ「じゃ、どのくらい太ってもいい?」

なんて鋭いの!!!

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/237580/ )ジッと私の頭からつま先までを見回す。

ジェントル「1kgやせたってことは……いま、◯kg(←自主規制)くらいでしょ?」

アサミ「え」

まさかのズバリの体重を言われて驚く。彼にリアルな体重を教えたことはないのに! なんて鋭い!!

ジェントル「当たった?」

誤差すらない正確な数字すぎて驚く。

アサミ「なんでわかるの?」

ジェントル「そばで見ていればだいたいわかりますよ。仕事でプロダクトデザインをやっているから、モノの形で重さを類推したりするからね」

アサミ「恥ずかしい!」

 

美しさの価値基準

ジェントル「アサミさんはあと1~2kg太っていいかな。そのくらいなら洋服もキツくならないでしょ」

アサミ「そうですけど……」

ジェントル「女性は二の腕、お腹、お尻を細くしたい、やせたいって言う人が多いですけど、そこにお肉がついているのが健康の象徴だし、美しいのに。男性にはない曲線美なんですから」

アサミ「確かに」

ジェントル「やせていることが美しいんじゃないんです。本質的な美の価値基準って、健康的だったり、その人に合っていることなんじゃないかな」

彼の言葉は、少なからず体型にコンプレックスをいだいていた私に、ちょっとだけ自信を持たせてくれた。プニプニしているお腹も、彼が好きと言ってくれるなら、これはこれでいいかとちょっとだけ思わなくもなかった。

 

一緒にいて学びがある

海外生活が長いからだろうか。彼の価値観は、日本にずっと住んでいる私とはちょっと違うと思った。一緒にいると学びが多い。だからこそ、彼が好きだし、尊敬できる部分でもあった。

ジェントル「このお店はね、デザートも美味しいんです」

アサミ「あら!」

ジェントル「今日はデザート食べるよね?」

アサミ「はい。再会のお祝いに」

ジェントル「何がいい? 選んでね」

そう言って、店員さんにデザートメニューを持ってくるようお願いした。

 

美しくお肉をつけるため…!?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/237580/ )

アサミ「どれも美味しそう! ティラミスがいいかな。あ、ミルクレープも気になる。プリンも美味しそうだし、パンナコッタもいいな」

ジェントル「2つオーダーして、半分ずつにしましょう。2つ選んで」

アサミ「うーん。じゃ、ティラミスとミルクレープ」

ジェントル「いっぱい食べて、お肉つけてね」

と言って、服の上から二の腕をチョンチョンとつまむジェントルさん。

アサミ「あ、触った!」

ジェントル「あ、意外とムチムチのお肉ついてた(笑)」

アサミ「もう、そこはやせてないんです!」

そのあとも、ふざけながら二人で笑いあった。

元の恋人と復縁するって、不思議な感覚。始めて付き合うときとは違って、もうお互いいろんなことを知っているから、いろんな面を見せているからこその安心感。

今朝メッセージがあって、数カ月ぶりに再会したとは思えない穏やかで幸せな時間が、そこには流れていた。

 

 

運命の人と出会うには!?

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/237580/ )

運命の人は勝手にやってきません。自分で見つけるもの……。出会うためには何をしたらいいか? その紆余曲折を綴った【40代編集長の婚活記】が、書籍になりました! 絶賛、好評発売中です!

関連リンク

  • 7/21 8:00
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます