ユニクロ×イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2021年秋冬コレクション 8月27日発売

拡大画像を見る

 ユニクロは、イネス・ド・ラ・フレサンジュ氏とコラボレーションした「UNIQLO/INES DE LA FRESSANGE」の2021年秋冬コレクションを8月27日に発売する。

 フレンチシックの象徴、そしてライフスタイル提案者として知られるイネス・ド・ラ・フレサンジュ氏。ユニクロとのコラボレーション「UNIQLO/INES DE LA FRESSANGE」は、“フランスのエフォートレスなスタイルを世界に”というイネス氏の価値観を形にしたライフウエア。真の美しさと心地よさを追い求め、時代を超えて愛されるエッセンシャルなワードローブを提案し続けている。
 2021年秋冬コレクションでは、美しい山間の風景がアーティストに愛されるスイスの小さな村、ロシニエールにインスパイアされたコレクションが登場する。スイスのレマン湖地方にあるロシニエールは、山の谷間に牧草地が広がるのどかな風景が多くの芸術家たちに影響を与えてきた村。画家バルテュスの終の住処となった歴史的文化遺産でもある山荘「グラン・シャレ」があることでも知られるこの地で、イネス氏は冬の休暇を過ごしている。
 豊かな自然に囲まれたリラクシングな休日にふさわしいのは、心地よくどこかノスタルジックな雰囲気のあるワードローブ。この秋冬は、ユニクロがイネス氏ならではの洗練されたリラックススタイルを届ける。
 また、“コージー”という言葉がふさわしい、懐かしく暖かみのあるアイテムが揃う。ベージュやモスグリーンといったアースカラーを基調とし、カシミヤブレンドのニットポンチョやシンプルでありながらも立体的なシルエットが美しい3Dニットのドレスなど、スタイリングのバリエーションを増やすアイテムも多数登場する。
 アクセントを添えるのは、チェックや小花柄の愛らしいアイテムや、華やかなラメ素材のアンサンブルニット、そしてイネス氏らしいマニッシュなジャケット。ベレー帽や柄のバリエーションが豊富なエコバッグといった小物も充実しており、日常に華を添える小粋なコレクションとなっている。

関連リンク

  • 7/21 17:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます