HAKUBAからNikon Z fc用液晶保護フィルム2種、業界最高クラスの硬度、透明度で新発売

拡大画像を見る

 ハクバ写真産業は、ニコンのミラーレス一眼カメラ「Nikon Z fc」専用の液晶保護フィルムとして、ガラスと同じ硬度9Hで割れに強い「EX-GUARD」タイプを8月上旬に、業界最高クラスの透明度を誇る「III」タイプを7月下旬に発売する。

 「Nikon Z fc 専用 EX-GUARD 液晶保護フィルム」は、エクストラハードコートによってガラスと同じ硬度9Hを実現し、鋭利なものが当たっても傷が付きにくい液晶保護フィルム。
 高い硬度ながら、曲げに強く割れにくいため貼りやすく、貼り付けの際に入ってしまった気泡が自然に消えるバブルレスタイプなので、微細なホコリならシリコン粘着層が取り込んで気泡を発生させない。
 さらに、油や水をはじくフッ素コート処理、指紋が付きにくい指紋防止加工も施している。
 シリコン粘着層の自己吸着性によってフィルムを画面に置くだけで自然に貼りつくので、簡単に貼り付けられ、貼り付けに失敗した場合でも粘着力が損なわれず、貼り直しができる。
 価格は3080円。
 「Nikon Z fc 専用 液晶保護フィルムIII」は、反射光を抑える反射防止(AR)コートを採用することで、業界最高クラスの全光線透過率95.6%の透明度によって正確な色調と明暗の階調をストレートに映し出し、貼る前よりも高い視認性を実現する液晶保護フィルム。
 撥水・防汚効果のあるフッ素コートを施しているので、指紋が付きにくく、指紋が付いても簡単に拭き取りが可能で、帯電防止効果によって静電気の発生を抑えるため、液晶画面に埃や塵を寄せ付けない。またフィルム表面は、表面硬度3Hのハードコート処理ですり傷や爪あとなどが残りにくい。
 シリコン粘着層の自己吸着性によって、フィルムを画面に置くだけで自然に貼りつくので、簡単に貼り付けられ、貼り付けに失敗した場合でも粘着力が損なわれず、貼り直しができる。
 価格は1804円。

関連リンク

  • 7/21 15:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます