斎藤ちはるアナが新型コロナ感染!羽鳥慎一が「濃厚接触じゃない」のはナゼ?

拡大画像を見る

 テレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが7月21日、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。斎藤アナがアシスタントを務める情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(同局系)で発表された。

 番組冒頭、キャスターを務めるフリーアナウンサーの羽鳥慎一は「斎藤さんは昨日発熱し、PCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性と診断されました。しばらくの間、お休みさせていただきます」と報告。斎藤アナは前日、同番組を欠席していた。

 また、羽鳥アナは「斎藤さんも普段からしっかり感染対策をしていましたが、それでも感染となりましたので、もはや誰がどこでなってもおかしくない状況です」と警戒感を強めた。番組での感染対策については「私は斎藤さんとスタジオで距離も取っていて、1年以上、打ち合わせも別々にやっております」と説明した。

 ところが、ネット上では「羽鳥さんが濃厚接触者になっておられないのが、意外でした」「羽鳥さんは濃厚接触者扱いしたほうがいいと思う」「羽鳥さんは少し距離を取っているとはいえ、マスクなしで長時間、斎藤アナの隣で話しているから濃厚接触者では?」と、羽鳥アナの濃厚接触を疑う声が散見された。さらに「羽鳥さんもここ最近、咳をする機会が増えているから念のためにPCRをしておいたほうがいいのでは?」と感染を危惧する声も。

「週5日、約2時間も斎藤アナと同じスタジオにいるのですから、いくら気を付けていたとしても限界があるでしょう。また、番組内では距離を取っているように見えても、オンエアの前後やスタジオへの出入りなど、テレビに映らないところでは近距離で話している可能性も考えられます」(テレビ誌ライター)

 万が一、羽鳥アナが感染してしまったら?

「ダメージは大きいでしょう。それは大黒柱を欠くという以上に、番組の面目が立ちません。番組では長期間に渡り、コロナの危険性と感染予防を訴え続けてきましたからね。そのキャスターがコロナに感染しては痛手。羽鳥アナは『もはや誰がどこでなってもおかしくない』と警鐘を鳴らしていましたが、その言葉は自分自身に向けたものとも受け取れます」(前出・テレビ誌ライター)

 羽鳥アナが感染しないことを祈りたい。

(石田英明)

関連リンク

  • 7/21 14:34
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます