シゲルピンクダイヤ、クイーンS1週前追い切り速報/栗東トレセンニュース

拡大画像を見る

 ヴィクトリアM5着の後、リフレッシュ放牧に出て、7月7日にワコーファーム(アカデミー牧場内)から栗東へ帰厩したシゲルピンクダイヤ(栗東・渡辺薫彦厩舎)。今朝21日は次走予定のクイーンS(8月1日・函館芝1800m)に向けた1週前追い切りが行われている。

 馬の少ない時間帯のCコースに入場しての追い切り。後ろから2歳馬が追いかけていたが、併せ馬というよりも、後ろが前を見ながら走っていただけといった感じ。ただ、後ろからなんとなくプレッシャーを感じる状態での追い切りという意味では、単走よりも気持ちが入るシチュエーションだったと思う。

 ただ、ゆったりと走ることができていたし、折り合いはしっかりついている。函館芝1800mでの立ち回りをイメージできる徐々に加速していくラップも踏めていた。

 時計は6F84.7〜5F69.5〜4F53.9〜3F39.3〜1F11.7秒。数字は決して速くないが、非常に雰囲気のいい動き。2勝目が重賞初制覇というシーンがあっても全く不思議ないのではないだろうか。

(取材・文:井内利彰)

関連リンク

  • 7/21 12:10
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます