横浜高島屋「マリトッツォ フェスタ」が自由すぎる! クリームではなく“さつま揚げ” や “揚げ物” などイタリア人に食べて欲しいレベル

拡大画像を見る


2021年大注目のスイーツ「マリトッツォ」。

ブリオッシュ生地に生クリームをたっぷりと挟んだイタリア発祥のお菓子は、コンビニなどでも大人気ですよね!

そんなマリトッツォが……横浜高島屋に来る~~~ッ!!!!

7月21日から始まる「マリトッツォ フェスタ」はスタンダードなマリトッツォだけを集めたイベントではありません。

なんと練り物店や焼鳥店、和菓子店が作るマリトッツォまでお目見えするそうなんです!

【練り物で作った「ねりトッツォ」!】

数あるマリトッツォの中でも異彩を放っているのが、さつま揚げの専門店「能登屋」の「ねりトッツォ」(324円 / 1日10個限定)!

こちらは枝豆、コーン、チーズを混ぜ込んだ練り物をえびのさつま揚げでサンドした一品です。

もはやスイーツではないんですが……!! ビールのおともには最高の存在になってくれそうですね。

【鶏メンチにポテトを挟んだ「鶏トッツォ」】

そして横浜市中区の焼鳥店「梅や」は、国産鶏を使ったメンチカツにマッシュポテトをたっぷりと挟んだ「鶏トッツォ」(238円)を販売。

サクサクの衣、旨味たっぷりの鶏肉、ふわふわポテトのマリアージュを楽しめそうです♪ 夕飯のおかずやお酒のおつまみにいかが?

【どら焼きモチーフのマリトッツォも…!】

和菓子店だってマリトッツォにあやかりたい……! ということで、老舗和菓子店「和菓子 村上」が提案するのは「ちびどらトッツォ」3種(各195円)。

粒あん金沢ゆずクリームチョコレートと、それぞれのクリームは小ぶりなサイズのどら焼きの皮で包まれていて、食べ比べも楽しめますよ!

【横浜の名店によるマリトッツォがズラリ☆】

このほか、横浜・元町にある「ブラフベーカリー」からは、きたのかおり小麦を使った「アマゾンカカオ×きたのかおり」(480円)が。

横浜の老舗ホテル「ローズホテル」からは、低脂肪の生クリームに苺を飾った「マリトッツォ」(481円)と、細かく刻んだレモンのコンフィを混ぜ込んだ生クリームにレモンのシロップ漬けを飾った「マリトッツォシトロン」(481円)が登場。

会場が横浜高島屋ということで、地元の名店が多く参加している点にも注目です!

【1週間のみの開催です!】

「マリトッツォ フェスタ」は7月21日~27日までの開催

各商品の販売場所や今回ご紹介した以外のお店については参照元からご確認ください!

バラエティに富んだマリトッツォが一度にそろうイベント。どうぞこの機会をお見逃しなく♪

参照元:プレスリリース、横浜高島屋
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch

関連リンク

  • 7/21 8:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます