次世代型テーマパーク「リトルプラネット」にデジタルお絵かきアトラクションが登場!


遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」に、新アトラクション「SKETCH DUNGEON(スケッチダンジョン)/お絵かきAIダンジョン」が7月17日(土)から登場している。

デジタルお絵かきアトラクション


「SKETCH DUNGEON」は、次々に出される「お題」に従ってスクリーンの石板にお絵かきをすると、AIがその画力を瞬時に判定してくれる、新感覚のデジタルお絵かきアトラクション。

古代遺跡をイメージさせる不思議なダンジョンの中で、表現力を最大限に発揮してより速く「お題」に応えていくことで洞窟の奥へと進み、高得点を目指す。子どもたちが絵を描けば描くほど学習データが蓄積され、より精緻な判定が可能になっていくため、AIに“絵心(えごころ)”を学習させる感覚でお絵かきを楽しむことができる。

ダイバーシティ東京プラザなどに登場


設置予定パークは、「リトルプラネット」ダイバーシティ東京プラザ・ららぽーと新三郷・キテミテマツド・ららぽーと沼津・mozoワンダーシティ・ららぽーと和泉。パークによって稼働スケジュールが異なるほか、現在は一部パークで営業時間を変更しているため、最新の運営状況は公式サイトで確認を。

昔ながらの遊びと、機械学習など最先端のデジタル技術の融合によるこれまでにない「未来のアソビ」を、「リトルプラネット」で体験してみては。

画像をもっと見る

  • 7/21 11:44
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます